書評

「『才能の正体』を読んだ感想!自分に自信がない人にオススメ!」

「『才能の正体』を読んだ感想!自分に自信がない人にオススメ!」

 

『才能の正体』は、120万部突破したミリオンセラー『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』、”ビリギャル”を書いた坪田信貴さんが書いた本です。
これまでに1300人以上を見てきた教育者であり、経営者である著者から、才能とは何で、どうやって見つけ、どう伸ばせばいいのかということを学ぶことができます。
やりたいことがあるのに自信がない人、なぜ勉強しなければならないのかと思っている人、自分には才能がないと思っている人にオススメです

才能というのは、結果でしかない

才能があるとかないとか言いますが、そもそも才能とは何でしょうか。
坪田さんは、

才能というのは、結果でしかない

と言っています。

人はどういうときに「才能がある」という言葉を使うんでしょうか。
それは結果が出たときなんです。

どんな人であっても、結果が出たら「元がいい」「地アタマがいい」と言われ、結果が出なければ「もともと才能がない」、と言われる

んです。
人は結果で判断します。
そして

「結果」に合わせて、事実を「物語」にする

んです。
例えば、その人がノーベル賞受賞者なら、他人は「彼は子どもの頃から発想が他の人と違い、ユニークだった」と答え、その人が犯罪者なら「子ども頃からいつも一人違う考えで、わがままを言って和を乱していた」と答えます。
つまり

人間の記憶というのは、思い出すごとに、”自分が納得いく形”へと改ざんされてしまうもの

なんです。それでは、才能とは何でしょうか。
塾講師として、1300人以上と接してきた坪田さんは、才能は誰にでもあると考えています。
スポーツ選手や歌手、東大卒の人など、「才能がある」と言われている人たちがいます。
坪田さんは彼らにはみんな共通点があると言います。
それは、

みんな努力している

ということです。

「才能がある」と言われている人たちは、”その人に合った”動機付けがまずあって、そこから”正しいやり方”を選んで、”コツコツと努力”を積み重ねている

んです。

「能力」が高まっていくと、人よりも飛び出たり、尖ったりする部分が出てきて、やがてそこが「才能」として認められるようになる

と考えています。

何気なく使っている「才能がある」という言葉は、そこまで来るのにあったはずの努力や訓練を考えずに使うことができて便利な言葉だなと思いました。
才能の本来の意味を知って、才能のあるなしではなく何事も努力できる人間が才能を生み出す人だと思いました。

「認知」「情動」「欲求」がないと、才能は生まれない

そうです。
才能が生まれる過程についても書かれているので、自分の「尖った」部分を見つけて伸ばしたいという人に参考になる内容です。

大事なキーワードは「守破離」

才能は誰もが持っているものだとして、その力はどのように伸ばせばいいのでしょうか。

大事なキーワードは「守破離」

なんです。

「生まれつきの能力は、誰もが持っている」

のであり、

能力値の高い人は、単純にそれを効果的に磨いてきただけ

その能力を伸ばす方法を、坪田さんは剣道や茶道などの修行における個人のスキル段階を示した「守破離」で考えています。

「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階
「破」は、他の師や流派の教えについて学び、良いものを取り入れ心技を発展させる段階
「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階

です。
だからまずやるべきことは、徹底的に真似することなんです。
自分が師と思う人の

行動を完コピせよ!

とのことです。
真似るのは、その人の考え方や言っていることではありません。
「行動」です。

完コピで、「能力を磨くための基礎」を作る

んです。
このようなことを言うと、オリジナリティが出ない、個性で勝負しなければならないなどの意見が出るかもしれませんが、

どんなに誰かの真似をしても、”あなたらしさ”は出てしまうもの

なんだそうです。

動画を撮ってそれと同じ行動になるくらい真似るように言われています。
自分が目指したい人をそこまで真似るのは、とても大変なことではないでしょうか。
だからこそ「尖る」ことができる。
坪田さんは、

与えられた教育に疑いを持たず、真面目に言われた通りにしてきた人に、「能力の高い人」はいるが、「尖った才能のある人」は少ない。

と言います。
自分の能力を育てるには、自分で思考し、取り組まなければならないと感じました。

才能を伸ばす方法に加え、他に自分の価値観の方向性を知る方法や、なぜ勉強しなければならないかの理由などについて触れられています。

「信頼」こそが、相手の才能を伸ばすための、いろんな意味でのスタートになる

親と子、上司と部下、リーダーとチームメイトなど、色々な場面で、他人の能力を伸ばすことについて考えさせられることがあるのではないでしょうか。
どんな才能のマネジメントもまず

「信頼」こそが、相手の才能を伸ばすための、いろんな意味でのスタートになる

んです。

相手を信頼できて、相手から信頼されていると感じられるところでなら、人は存分にその能力を発揮できる

と、坪田さんは言います。
塾のスタッフを抱えている坪田さんですが、

チームのパフォーマンスを上げるためには、「全体にとって最適なこと」を選択する能力

が求められると言います。
それぞれが自分にとって得だと思うことを選ぶようでは、

「全体最適(=システムや組織の全体が最適化された状態)にはなりません

全体最適のためには

「信頼関係」が必須であり、その信頼関係を継続しなければならなりません

職場に限らず、教育・指導・改善する場合において、この信頼関係は大切なんです。
なぜなら

教育・指導・改善を受けると、教育・指導・改善をしてきた相手に対して「悪感情」が芽生える

からです。
信頼関係がないまま、教育や指導、改善やフィードバックを行うと、受けた側は「攻撃されている」と感じるんだそうです。

個人の能力を伸ばすにもチームのパフォーマンスを上げるにも大切なのは「信頼関係」

なんです。

信頼関係が大切だということは、誰でもわかると思います。
しかし誰かを指導したりする際、する側は「してあげている」とは思っても、相手に悪い感情が芽生えているなんて思っていないのではないでしょうか。
教える技術よりも、まず信頼関係に気を配り、築ける力を身につける必要を感じました。

本書では、坪田さんが実際に職場で行っている例を出して、信頼関係の築き方など「才能のマネジメント」について解説されています。

自分を「天才」と比べてやる気をなくすなんて、大いなる人生の無駄

優れた才能を持つ人と自分を比べて、落胆したり、自分には才能がないのかと悲観する人もいるかもしれません。
ですが、

自分を「天才」と比べてやる気をなくすなんて、大いなる人生の無駄

なんです。

天才も、結果を残しているからこそ天才と言われるのであり、天才だからといって努力をしていないというわけではないんです。
才能とは、何万人に1人くらいしか持っていない高い認知能力を指すのではなく、

「天才」は、「自分にはこんな尖りがある」と世間に証明し続けている人

です。
だから天才を意識し、それを目指したり、張り合う必要はない。

彼らと自分は違うものだ、と思った方が、あなたの才能を伸ばせます。

もともとはみんな普通の人。
そこから努力を続け、才能を伸ばしていったのです。

世界に同じ人間がいない時点で、自分に才能があるかないかなんて自分にしか証明ができません。
それなのに、他人と比べて才能のあるなしを考えることに何の意味があるだろうと思いました。
才能について考え、悩む暇があったら、努力したい、そう思える内容でした。

本書の最後では、著者が実際に会った成功者、一流の人とのエピソードが紹介されています。
成功していると言われている人は、どんな行動をするのか覗き見ることができます。

まとめ

「あの人はもともと才能があったから」「天才だから」それは他人が後付けしたただの結果です。
自分の尖った部分を誰にも負けないくらい一生懸命磨けば、それが才能になる。
誰が持っているものも才能になる可能性があり、そう考えると、自分の好きややりたいことを信じていいと思えます。
才能のあるなしで悩んでいる人、なぜ勉強するのかわからない人、自分に自信がない人に、自分のために何が必要か、どうすればいいのかを教えてくれる1冊になっています。