書評

「『もしも一年後、この世にいないとしたら』を読んだ感想!漠然と生きている今を変えたい人にオススメの本!」

「『もしも一年後、この世にいないとしたら』を読んだ感想!漠然と生きている今を変えたい人にオススメの本!」

『もしも一年後、この世にいないとしたら』は、精神科医としてがん患者やその家族の診療を行っている清水研さんが、死ぬときに後悔しない生き方について書いた本です。

国立がん研究センターで、がん患者さん3500人以上の方の話を聞いてきた著者から、人生の締切を意識することや、意識することで何が変わるのかを学ぶことができます。
漠然と生きている人生を変えたい人、死ぬことが怖いと思っている人、生きることがつらい人にオススメです。

柳のようにしなやかに立ち上がる力を人は持っている

病を抱えたたくさんの人と向き合ってきた清水さんは、

病気と向き合っていく中で、苦しみの中に、新しい世界観を見つける方

がたくさんいると話しています。

私たちは健康なとき、自分が病気で死ぬようなことをリアルに想像することはあまりないのではないでしょうか。
また逆に、真剣に重い病気に罹ったらと想像すると、死ぬかもしれないという恐怖と不安で押しつぶされるような思いをするかもしれません。
まだ経験が浅かったころの清水さんは、非常に厳しい病状の方々と接した際には、

「自分だったらその状況は絶対に耐えられないだろうし、もしかしたらその人の精神は崩壊してしまうのではないか」

と悲観的な想像をし、どのように声をかけたらいいかわからなかったそうです。
しかし、その悲観的な想像はしばしば裏切られ、病の苦しみは簡単ではなくとも、患者さんには現実と向き合うプロセスが始まるといいます。

様々な喪失を認め、新たな現実と向きあう力

を「レジリエンス」と言うそうですが、清水さんは患者さんに

大きな喪失と必死に向き合おうとしている力強さ

を感じるそうです。
「レジリエンス」とは日本語で、「可塑性」という意味で、「元に戻る」ことを表しているということですが、

柳のようにしなやかに立ち上がる力を人は持っている

んです。

どうしようもない苦しみに襲われたとき、それに立ち向かう力など自分にはないと思って、苦しみが訪れること自体を怖いと思ってしまいます。
ですが、苦しいことを悲しむのは当然で、きちんと悲しんだ後に、向き合う時間がやってくるということをこの本を読んで知りました。

第1章では「苦しみを癒すのに必要なのは、悲しむこと」という題で、清水さんの経験から、苦しいとき、悲しいとき、人はどういうプロセスを歩めばいいのかを知ることができます。

人生で大切なことは何か考えると、行動が変わる

もし一年後や十年後、死ぬと決まっていたら、どんなことに人は気づくでしょうか。

お金の使い方や仕事のやり方、今までとは違う生き方をするようになった人がいました

と、清水さんは話しています。

「死」が明確になると、人は今日のように過ごせることが当たり前ではないことに気が付きます。
そして残された貴重な時間をどう過ごすのかを考え、

人生においてほんとうに大切なことは何か、その優先順位を考え、生きがいについて深く考えるようになる

といいます。
例えば、50代で喉頭がんになった男性は、これまでは節約し貯金通帳を眺める時間に喜びを感じて暮らしていたそうですが、お金の役割について考え、

大切な家族といい時間を過ごすためにあるのではないか、そう新たな視点をもつようになった

といいます。

「いつかはやりたい」と思っていることがあったとしても、人生には期限があることを意識しないで「そのうちやればいいや」と先延ばしにしていると、結局実現しないまま終わってしまうこともあります。

絶対にやりたいことがあるなら、実現に向けて具体的に考え、機会をうかがい、準備するんです。

「一年後の今日死ぬ」と想定し、死をリアルに考え、行動できる人は多くないと思います。ですが、自分のやりたいことを先送りにしないためにも、自分のなかで「死」を明確に感じることは、有効的だと思いました。

第2章「誰もが持っているレジリエンスの力」では、「喪失」を受け入れるプロセスや、「死」を意識することで人にどんな変化があるかなどが語られています。

「must」の自分だけで生きると、壁にぶつかったときに行き詰る

人には現実と向き合う力「レジリエンス」があるとしても、うまく苦しさや悲しさを出せない人、現実と向き合えない人もいると思います。
そんな人は「もう一人の自分」が邪魔をしているのかもしれません。

清水さんは、患者さんのなかにも本当に自分の気持ちを出せなくて、現実と向き合えず苦しむ人がいるといいます。
例えば、本当は「悲しい」「頼りたい」という気持ちがあるのに、「弱音を吐いてはダメだ」「心配をかけてはいけない」とブレーキをかけてしまいます。
清水さんは、物心がついたころは、

自分がこうしたいという「want」によって動機づけられる自分だけしかいません

と話します。
けれど、しつけや、社会生活を営むための他者とのかかわりを経て、「~しなければダメだ」というようなもう一人の自分、

「must」によって動機づけられる自分が形成される

といいます。
もちろん「want」の自分だけではダメですが、自分にとって大切なのは「want」の自分です。
「must」の自分が主役になり、「want」の自分を縛って、社会的な成功を手に入れたとしても、

「want」の自分が悲鳴を上げてしまい、こころの奥底には虚しさが漂ってしまうように思います

と、清水さんは話しています。

喪失と向き合うために大切なのは、しっかり悲しみ、しっかり落ち込むことであるにもかかわらず、「must」の自分は心のままに悲しみ、落ち込むことを許してくれない

ので、病気などの大きな障壁にぶつかると行き詰ってしまうんです。

きちんとしている人ほど、この「must」の自分が強いのではないかと思いました。
そして、例えば「死」を明確に意識して、何をするべきか考えたとしても、この「must」の自分が邪魔をすることは、少なからずあると思います。
自分の中に「must」と「want」の自分があることを意識して、「want」のほうを大切にできるように切り替えたいと思いました。

第3章は「人は死の直前になって、心のままに生きていないことに気づく」ということについて語られています。
自分は今、ほんとうに自分の心に沿って生きているか考えさせられる内容です。

「心のままにいきあたりばったり」してみる

「want」の自分を大切にしたいと思っても、その「want」の自分がわからないという人もいるかもしれません。
清水さんは

もし自分が今、窮屈だと感じていたら、もがいている心の声に耳を傾けることも大切

だと言っています。

特にずっと「must」の自分を主役に生きてきた人は、「want」の自分を大切にしてと言われても、それがわからないという人もいるでしょう。
清水さんの場合は、まず

小さなところから自分の「want」を聴く練習

を始めたということです。
例えば、昼ご飯に何を食べるかという小さなことであっても、「手っ取り早く食べられる」とか「カロリーが高い」とか合理的な計算は置いておいて、

「自分は今どんなものを食べたいと感じているんだろう」ということだけに集中

して選んでみるんです。

心のおもむくままにいきあたりばったり、ということがとても良い

のであり、

目的や時間の制限を決めず、自分の心がどこにワクワクするのか、「want」の声を聴くことを意識することが大切

だということです。

「自分が心から~したい」という思いを優先するのは、大人になればなるほど慣れていなければ難しくなると思います。
打算や合理性を全く無視して選択するということを、自分自身がしばしば諦めているように思いました。
心にあるはずのワクワクも「明日もし死ぬとしたら」と「死」を意識することで、取り戻せるものではないかと思いました。

第4章「今日を大切にするために、自分の「want」に向き合う」では、著者の経験を通して、「want」の自分に向き合う方法を知ることができます。

死をないものとしてしまう世界はいつか破綻する

清水さんは、

「死」については考えないようにしよう、という風潮が現代にはある

と思っています。
人生100年時代を言われるなか、「死ぬ」ことについての意識は遠のいているのではないでしょうか。

自分の人生を考えるとき、例えば100歳まで生きたら、老後は何をして過ごすか、少しでも若く見えるために何をするか、そんなことを先に考えるのではないでしょうか。

「人間には限界があり、いずれ死を迎える」と知っていることが、非常に重要な意味を持つ

ので、今のように「死」をなるべく考えないということは

現代社会のひとつの病理

だと清水さんは考えています。

「死を見つめることは、どう生きるかを見つめることだと気づきました」

これは清水さんの多くの患者さんが言う言葉だそうです。

有限を意識することは、「大切な今を無駄にしないで生きよう」という心構えにつながり、人生を豊かにします。

今日健康であっても、明日事故に遭うかもしれないし、一年後には聞いたこともない病気に罹っているかもしれない…なのになぜか私たちは、自分の運に根拠のない自信を持っているなと思います。
ぼんやり生きることが悪いことだと思いませんが、何かやりたいことがあるのに、ぼーっとした時間を過ごしてしまうのは、自分が終わりを意識していないからだと感じました。

終わりのなかでも、「死」は自分にとって究極の終わりであり、そこから考えて、自分の人生をどう生きたいか見つめ直すのは、意義のある方法だと思いました。

第5章は「死を見つめることは、どう生きるかを見つめること」について語られています。「死」を意識することの大切さ、「死」や「死後」への不安にどう対策するか、「幸せ」についてを知ることができます。

まとめ

人生100年時代、自分が一般的な寿命に近づいているのでなければ、重い病に罹っているのでなければ、「死」を意識することはほとんどないと思います。
ですが、著者の経験、そしてこの本に登場する患者さんの経験を知って、自分の「生」は永遠ではないし、終わりは明日かもしれないことを考えさせられます。
自分の人生をもっと有意義にしたい人、死が怖いと感じる人に、実際に「死」を身近に感じてきた人たちから、これから自分はどう生きていけばいいかを考え学べる1冊になっています。