雑学

実は失礼!?間違えやすい敬語とは

 

実は失礼!?間違えやすい敬語とは

日本語は海外の人からとても難しいと言われていますよね。
同じ言葉なのに意味が異なったり、他の言葉に訳すことができない表現やニュアンスが多く、日本人でも何となく雰囲気で敬語を使っている人は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、丁寧だと思っているけど実は失礼な敬語についてご紹介していきたいと思います。

■ご一緒します

上司やお客様に使うと実は失礼な敬語です。
実際自分が言われてもあまり失礼だと感じないくらい丁寧な言葉に感じますよね。
ですが、「ご一緒する」のは自分なので上司やお客様に使った場合は”対等”という意味になってしまうんです。
そのため、目上の人に使う場合適切ではありません。
この場合は自分をへりくだることで相手を高める謙譲語を使うのがベストです。
「私もご一緒させていただきます」や「お供させていただきます」が正しい使い方です。

■大変参考になりました

これも失礼になってしまうんです。
そもそも、”参考”という言葉が目上の人に対して失礼に当たる言葉なんです。
参考にするというのは、あくまでも自分の考えを決断するときの足しにするという意味なんです。
上司のアドバイスに対して「なるほどね!それもいい考えだね!」なんて失礼で言えませんよね。
参考にするという言葉はこのようなニュアンスにもなるので、目上の人に対しては「大変勉強になりました」が正しい表現です。
参考になったと言われるよりも、勉強になったと言われた方が何となく謙虚な感じがしますよね。
ちょっとした言葉の使い方で印象は大きく変わります。

■お名前ちょうだいしてもよろしいでしょうか

たとえば飲食店に電話予約を取るとき、必ず名前を聞かれますよね。
その時になんと言われることが多いですか?
私はまさに「お名前ちょうだいしてもよろしいですか~?」と言われることが圧倒的に多いです。
ですが、実は間違っている表現なんです。
”ちょうだい”は”もらう”という意味ですよね。極端に言えば「名前をもらってもいいですか?」となるんです。
名前をもらうことと名前を教えてもらうことはまったく意味が違いますよ。
つまり、” 教えてもらうこと”と”もらうこと”はイコールにはならないのです。
なので名前を聞くときは「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」がベストです。

■私には役不足です

これはかなり失礼な表現なので注意が必要です。
まず、役不足の正しい意味から見ていきましょう。
【役不足】俳優などが与えられた役に満足しないこと/能力に対して役目が軽過ぎること
となります。
役不足と使ってしまったほとんどの方が逆の意味だと思っていたのではないでしょうか。
多くの人が役不足の意味を”本人の力量に対して重すぎる”と解釈しているのです。
つまり、本人は謙遜のつもりで言った言葉かもしれませんがまったく真逆の意味となってしまいます。
この場合は「力不足」と表現するようにしましょう。
たった一文字で真逆の意味になってしまうので、使う場合は慎重に気を付けて使ってくださいね。

■お伺いします

一見何が間違っているのかわかりませんよね。
まず、自分が行くことを謙譲語である「伺う」を用いるところまでは正しい使い方です。
しかし、この伺うに”お”を付けただけで間違った敬語になってしまうんです。
自分が行くのに自分に対して”お”を付けてしまうのはよくありませんよね。
そのため、シンプルに「伺います」が正しい表現となります。
ついとっさに言ってしまいそうになりますが、”お”は付けないようにしましょう。

■どちら様でしょうか

相手が誰なのか確認するときに使ってしまいがちな表現です。
失礼で間違った表現ではないのですが、あまりにも「あなた誰?」とストレートに聞いているようなニュアンスですよね。
なんとなく冷たいような、グサッとくるような表現になるので、相手が誰なのか確認したい場合は「お名前お聞かせいただけますでしょうか」など少し違った表現で確認するのがいいでしょう。
その方が聞いた感じも柔らかくきつくないですよね。

■お客様をお連れしました

飲食店で耳にしがちな言葉です。
「連れてくる」という言い方はお客様に対して適切ではありません。
というのも、自分とお客様の立場が同じというニュアンスになってしまうからです。
”自分が連れてきた”という意味で仲間のようになってしまうので「お客様をご案内しました」や「お見えになりました」という表現をするのがベストです。

まとめ


日本人の私たちでも日本語は難しく、完璧に正しく使えている人の方が少ないのではないでしょうか。
ちょっとした言葉の使い方で印象が変わったり、失礼になったりするので、いかに正しく使うかが大切ですね。
とくに、自分よりも立場が上の人に使う場合は注意が必要です。
自分の中では丁寧に敬意をもって話したつもりでも、言葉そのものが間違っていれば失礼と思われても仕方ありません。
自分の気持ちや考えを目上の人に正しく丁寧に表現するには、正しい言葉の使い方をしっかりと勉強しておく必要がありそうです。