ブログ

【鬼滅の刃・雷の呼吸】雷の呼吸の特徴についての紹介・考察(ネタバレ含む)

【鬼滅の刃・雷の呼吸】雷の呼吸の特徴についての紹介・考察(ネタバレ含む)


雷の呼吸の特徴

●5つ存在する基本の呼吸の一つ

雷の呼吸は、炎、水、岩、雷、風を持って成る基本の流派の一つです。

雷の呼吸に適性を持つ者は、その刀身に稲妻のような黄色の文様が現れるようです。
善逸や獪岳の刀にも、稲妻が描かれています。

現在、雷の呼吸を使う柱は存在しませんが、雷の呼吸の使い手が柱になった際は、「雷柱」ではなく、「鳴柱」とよばれる習わしがあります。

●壱ノ型以外の技がなかなか判明しなかった雷の呼吸

雷の使い手である我妻善逸は、雷の呼吸の型を、壱ノ型しか習得することができませんでした。
そのため、作中では長いこと、壱ノ型以外の技が判明しませんでした。
しかし、無限城の戦いにて、善逸の兄弟子である獪岳が登場したことにより、雷の呼吸は本来、全部で6種類の技があることが判明しました。

●雷のごとき神速を誇る技

雷の呼吸は他の呼吸と違い、技を放つ際、足に意識を集中させる特徴を持ちます。
自分の体の寸法や、筋肉の繊維、血管のひとつひとつまでに空気を巡らせ、力を足だけに集め爆発させることで、雷鳴のような速度を出すことができるのです。
数多くある呼吸の中でも、雷の呼吸は一番の速さを誇ると思われます。

善逸の足腰の強さは折り紙付きで、機能回復訓練で蝶屋敷の女の子相手に鬼ごっこをした際も、炭治郎、伊之助が全く捕まえられなかった神崎アオイを、いとも簡単に捕まえていました。

●人間離れした速度を必要とするため、習得の難易度が高い?

鬼滅の刃には、3人の雷の呼吸の使い手が登場していますが、鳴柱を務めた桑島慈悟郎以外、すべての雷の呼吸の型を完全に会得した者はいません。

善逸は壱ノ型である霹靂一閃しか習得しておらず、兄弟子の獪岳は善逸と反対に、壱ノ型のみ習得することができませんでした。
それだけ雷の呼吸は取得の難易度が高いようです。

●雷の呼吸の使い手の特性

ファンブック記載の呼吸適正判別によると、雷の呼吸の使い手は、激情、特に色恋に関してそれが顕著な者は、雷の呼吸に向くと記載されています。

善逸が色恋に情熱を燃やしていることは明らかですが、獪岳や桑島慈悟郎が色恋にうつつを抜かしている姿は、あまり想像できません。

【作中に登場する雷の呼吸の使い手】

我妻善逸

女性に騙されて借金を背負い、首が回らなくなっているところを、育手の桑島慈悟郎に救われて弟子入りした少年です。
慈悟郎の修行は大変厳しく、善逸は何度も逃げ出そうとしましたが、慈悟郎はそんな善逸を見捨てることなく、何度も善逸を連れ戻して指導を続けました。

当初「壱ノ型 霹靂一閃」しか使うことができなかった善逸でしたが、壱ノ型を極めることにより、技を派生させたり、自ら新しい技を生み出したりして、才能を開花させていきました。

獪岳

善逸より前に、慈悟郎に弟子入りした少年です。
泣きわめき脱走を繰り返す善逸のことを心底嫌っており、そんな善逸に対しても慈悟郎が熱心に指導を続けることに嫉妬していました。

桑島慈悟郎

善逸と獪岳を育て上げた元鳴柱です。
修行では弟子たちに厳しく接し、すぐに手が出る粗暴さもありますが、善逸が心から慈悟郎になついていたため、おそらく普段はやさしい爺さんなのでしょう。
過去の戦いで片足を失い、義足を装着しています。

【雷の呼吸技一覧】

壱ノ型 霹靂一閃(へきれきいっせん)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」3巻

作中で善逸が使う技です。足に力をこめ、全神経を集中させて電光石火の如き一撃を放ちます。
相手は反撃の隙も与えられぬまま、気が付いた時には地にその頸を落としています。

霹靂一閃 六連(へきれきいっせん ろくれん)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」4巻

霹靂一閃を六回繰り返す技です。
技を放つ際には雷鳴の如き轟音が響き渡ります。那田蜘蛛山で累の兄役の鬼に使用した際には、遠く離れた場所で戦う炭治郎達の所までその音を響かせました。

霹靂一閃 八連(へきれきいっせん はちれん)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」11巻

霹靂一閃を八回繰り返す技です。
遊郭編にて、堕姫に特攻をかける伊之助をサポートするために使用されました。

霹靂一閃 神速(へきれきいっせん しんそく)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」11巻

遊郭編にて、堕姫の頸を斬り落とすために使われた技です。
壱ノ型最速の剣技ですが、その強力さゆえに使える回数は限られてきます。
堕姫との戦いで善逸は、「霹靂一閃神速」は二回発動するのが限度で、それ以上は足が駄目になると独白していました。

弐ノ型 稲魂(いなだま)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」17巻

無限城の戦いで、獪岳が善逸に放った技です。
瞬きほどの速度で5連撃を加えることができます。

参ノ型 聚蚊成雷(しゅうぶんせいらい)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」17巻

扱う者の姿が捕らえられないほどの速度で、四方八方に刀を振るう技です。
聚蚊成雷とは、小さな蚊の羽音も大群になれば雷の如き轟音を放するさまを表した四文字熟語です。

肆ノ型 遠雷(えんらい)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」17巻

使い手を中心に雷状の衝撃波を走らせる技です。
遠雷という名前から推測するに、リーチの長さも雷の呼吸の中で一番ではないでしょうか。

伍ノ型 熱界雷(ねつかいらい)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」17巻

刀を振るい、その衝撃破によって離れた敵を攻撃する技です。
斬撃を喰らった者の肉や皮膚をひび割れさせる効果を持ちます。

陸ノ型 電轟雷轟(でんごうらいごう)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」17巻

雷のような形をした衝撃波を四方八方に放つ技です。
熱界雷に似ていますが、衝撃波が他方に及びます。

漆ノ型 炎雷神(ほのいかづちのかみ)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」17巻

善逸が編み出したオリジナルの技です。
龍のような形の稲光を走らせ、一息に相手を斬りつける一撃必殺技です。
上弦の鬼である獪岳が目視できないほどの速度を誇ります。