ブログ

【鬼滅の刃・日の呼吸】日の呼吸の特徴についての紹介・考察(ネタバレ含む)

【鬼滅の刃・日の呼吸】日の呼吸の特徴についての紹介・考察(ネタバレ含む)


日の呼吸の特徴

●鬼才、継国縁壱により生み出された最初の呼吸

日の呼吸は戦国時代、継国縁壱により生み出された最強の呼吸です。
別名、始まりの呼吸とも呼ばれています。
現存する呼吸はすべて日の呼吸から派生したものであり、その力が日の呼吸に勝ることはありません。

日の呼吸はその強靭さゆえに、習得できなかった者が自信喪失してしまうこともありました。

●神楽として受け継がれた始まりの呼吸

日の呼吸を生み出した継国縁壱は、人間離れした剣の才を持ち、唯一鬼舞辻無惨を死の直前まで追い詰めた人物です。
日の呼吸を恐れた鬼舞辻無惨は、日の呼吸の使い手を黒死牟と共に探し回り、一人残らず殺してしまいます。
日の呼吸は継承を絶たれ、長い年月を経て次第に人々の記憶から消え去っていきました。

存在が抹消されたかに見えた日の呼吸ですが、実は名を変え、ひっそりと受け継がれていました。
継国縁壱と交流のあった竈門炭治郎の先祖、竈門炭彦が、日の呼吸に「ヒノカミ神楽」と名付け、神に祈る舞として後世に残していたのです。

●日の呼吸の適性者は、額に痣を持つ

10巻に登場する煉獄槇寿郎の台詞によると、日の呼吸に適性を持つ者は、生まれつき額に赤い痣があるようです。
日の呼吸の発案者である継国縁壱、炭治郎の父である炭十郎は、痣を持って生まれました。
炭治郎も額に痣を持ちますが、それは生来のものでなく、後天的についたものです。
本来適性のない日の呼吸を使えるようになったのは、ひとえに炭治郎の努力によるものです。

【作中に登場する日の呼吸の使い手】

継国縁壱

縁壱は、すべての呼吸の生みの親であり、人並外れた才覚を持つ剣士です。

最愛の妻をお腹の子供もろとも鬼に殺され、鬼殺隊に入隊しました。
縁壱が鬼殺隊に呼吸を伝授したことで、隊員たちの力は飛躍的に向上しました。

竈門炭治郎

竈門家に代々受け継がれていた「ヒノカミ神楽」を攻撃に転用することを思いつき、日の呼吸を復活させました。
日の呼吸は最強の御業であるものの、炭治郎は痣の適性を持たないため、完璧に使いこなすには至っていません。

竈門炭十郎

生まれた時から額に痣を持つ、日の呼吸の適性者。
体が弱く病に侵された身でしたが、呼吸を使うことにより自らの背丈の倍近くある熊を倒したり、雪降る中で一晩中、ヒノカミ神楽を舞い続けたりと、人並外れた行動をしていました。

【日の呼吸の技一覧】

円舞(えんぶ)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」5巻

炭治郎が「ヒノカミ神楽」として、最初に繰り出した日の呼吸の型です。
那田蜘蛛山に巣くう十二鬼月、累との戦闘で、糸に囚われ命を落としかけた際に放ちました。
弧を描くように刀を振るい、累の糸を切断しました。

烈日紅鏡(れつじつこうきょう)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」9巻

遊郭編にて、堕姫の攻撃を阻止するために放たれた技です。
空に「∞」を描くように太刀を振るうのが特徴です。

碧羅の天(へきらのてん)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」7巻

日輪のごとく円を描く技です。
夢幻列車に融合した魘夢の首を両断するほどの威力をもちます。

幻日虹(げんにちこう)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」9巻

回避を目的とした技です。体を高速でひねり、回転させて相手を惑わします。
視覚の優れた敵ほど残像を捕らえてしまい惑わされるため、格上の敵にこそ有効な技です。

日暈の龍 頭舞い(にちうんのりゅう かぶりまい)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」13巻

大きな龍が地をうねるように、流れるような動きで広範囲に斬撃を加える技です。
水の呼吸の流流舞いの動きに似ています。

陽華突(ようかとつ)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」12巻

日の呼吸唯一の突き技です。刀鍛冶の里での戦いで炭治郎は、天井に張り付いた半天狗に向かって跳躍し、陽華突を放ちました。

火車(かしゃ)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」17巻

相手の頭上を飛び、背後を取ってから斬りつける技です。
作中では、遊郭編で堕姫に放とうとしましたが不発に終わり、無限城の猗窩座戦ではじめて放たれました。

灼骨炎陽(しゃっこつえんよう)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」10巻

刀を高速回転させて斬りつける技です。
遊郭編で堕姫に向けて放たれたのが初手です。水の呼吸では太刀打ちできなかった堕姫の帯を両断するほどの威力がありました。
灼骨炎陽を喰らった者は焼けつくような痛みを感じ、傷の回復も遅くなります。

斜陽転身(しゃようてんしん)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」18巻

無限城の戦いにて透明な世界に入った炭治郎が、猗窩座に向かって放ちとどめを刺した技です。
宙を翻り、横薙ぎに刀を振るいます。

輝輝恩光(ききおんこう)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」22巻

無惨戦で初めて使われた技です。
回転しながら飛び、敵に斬りつけます。

飛輪陽炎(ひりんかげろう)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」17巻

無限城で猗窩座と対峙した際、炭治郎が初めて繰り出した技です。
刃が敵に届くとき、その刀身は陽炎のように揺らめき実体がつかめなくなります。回避の難しい技です。

炎舞(えんぶ)


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」9巻

弧を描くように刀を振るいます。円舞に酷似していますが、こちらは2連撃技です。

十三番目の型

竈門家に伝わるヒノカミ神楽には、12の型までしか存在しませんでした。
しかし炭治郎が無限城で受け取った煉獄千寿郎からの手紙には、日の呼吸には13番目の型まで存在すると書いてありました。
13番目の型の存在を知らなかった炭治郎は、自分はヒノカミ神楽を完全に受け継ぐことができなかったのだと思い込みますが、事実は違いました。

日の呼吸は、円舞にはじまり炎舞に終わります。
漢字は違いますが、同じ音を持つ二つの技が存在すること、亡き父が「正しい呼吸ができれば炭治郎もずっと舞える」と言っていたこと、ヒノカミ神楽が夜通し舞い続けるものであったことから推測し、炭治郎は13の型の正体にようやくたどり着きます。

日の呼吸は、円舞に始まり、炎舞に終わり、また炎舞につなげることで、永遠に舞い続けることができる特性を持っていたのです。
すべての型を繋ぎ合わせることで12個の型が円環を成す。
その事実こそが、隠された13番目の型の正体でした。

いくら攻撃しても驚異の回復力で元に戻ってしまう無惨を倒すには、何らかの方法で無惨を夜明けまで、一所に留まらせる必要がありました。
13の型を繰り返し、夜明けまで延々と無惨の脳と心臓を斬りつけることが、唯一無惨を倒す方法だと、日の呼吸の生みの親である縁壱は考えたのです。


他にもたくさん記事がありますので、よかったら見てみてくださいね!

あわせて読みたい
【鬼滅の刃・キャラクター紹介】竈門炭治郎の紹介・考察(ネタバレ含む)【鬼滅の刃・キャラクター紹介】竈門炭治郎の紹介・考察(ネタバレ含む) (function(b,c,f,g,a,d,e){b.M...
あわせて読みたい
【鬼滅の刃・カップル編】「炭治郎」と「カナヲ」についての紹介・考察(ネタバレ含む)【鬼滅の刃・カップル編】「炭治郎」と「カナヲ」についての紹介・考察(ネタバレ含む) (function(b,c,f,g...
あわせて読みたい
【鬼滅の刃・キャラクター紹介】竈門禰豆子の紹介・考察(ネタバレ含む)【鬼滅の刃・キャラクター紹介】竈門禰豆子の紹介・考察(ネタバレ含む) (function(b,c,f,g,a,d,e){b.M...