雑学

知って得する!お金にまつわる雑学

知って得する!お金にまつわる雑学

最近では、買い物の支払いをクレジットカード払いにしたり、スマホで決済する人が増えてきましたよね。
その方がポイントがついてお得な場合も多いのですが、まだまだ現金で支払うという方もいますよね。
そこで今回は、日常で使えるものからちょっとした豆知識まで、お金についての雑学をご紹介したいと思います。

■破損や汚れたときの対処法

これは紙幣の場合ですが、もし紙幣が破れたり破損してしまったら困りますよね。
この場合、紙幣の破損状況や汚れ具合によってそのまま使えるかどうかが変わってきます。

使える場合

よくあるのが紙幣が数ミリ破れてしまった場合ですよね。
どの部分が破れているかにもよりますが、ホログラムの部分や模様の部分でなければひとまず大丈夫でしょう。
また、紙幣が濡れてしまったけど乾かすと元に戻った場合も問題ありません。

使えない場合

紙幣が真っ二つに敗れてしまった場合、一万円の価値はなくなってしまいます。
また、濡れて数枚重なった状態で張り付いてしまったり一部が欠けてしまってなくなっている場合も使えません。
その場合は紙幣を銀行で交換することができるのですが、元の価値で交換してもらえるかどうかは破損状況によって異なります。

さっそく詳しく見ていきましょう。

■破損したお金を銀行で交換してもらう場合の交換基準とは

紙幣を交換してもらうには基本的に紙幣の裏・表の両面が揃っていなければなりません。
それを前提として紙幣の交換基準を見ていきましょう。

【全額交換してもらえる場合】
・紙幣のすべてのパーツが残っていて、すぐに元の紙幣の状態が確認できる。
・紙幣の面積が3分の2以上が残っている。

【半額交換してもらえる場合】
・紙幣の一部が破損、欠損していて残った部分の面積が5分の2以上または3分の2未満の場合。

【交換してもらえない場合】
・紙幣の残った部分の面積が5分の2以下。
もしも紙幣が破損してしまった場合は、破損した部分も一緒に銀行へ持って行くことを忘れないようにしましょう。

お金にまつわるちょっとした豆知識

◎5円玉と50円玉に穴が開いているのはなぜ?

5円玉と50円玉には真ん中に穴が開いていますがそれはいったいなぜなのでしょうか?
まずは5円玉から見ていきましょう。

5円玉

穴が開いた5円玉が最初に発行されたのは昭和24年のことです。
この頃は戦後で急激なインフレのため材料を節約する必要がありました。
そこで、真ん中に穴を開けて少しでも材料を削減しようとしたのです。

50円玉

最初に50円玉が発酵されたときは現在の50円玉と比べて大きく、穴もありませんでした。
ですが、当時の100円玉と区別がつかず紛らわしいとの声が大きかったため穴が開けられたと言われています。
その後、100円が白銅貨幣になったとき同じように50円も変更されたのですが、もう少し区別をつけるために形も小さくなったと言われています。

◎銀行の入り口に置かれている観葉植物のなぞ

銀行に行くと、入り口付近に背が高めの観葉植物が置かれていますよね。
一見、ただのインテリアとして置かれているように見えるのですが、実は深い意味があったのです。
銀行では多額のお金を扱っているので、銀行強盗などの事件に巻き込まれる可能性が非常に高いですよね。
万が一銀行強盗に狙われた場合、一刻も早く犯人を捕まえる必要があります。

そこで重要なのが犯人の身体的特徴です。
そんな時に役立つのが入り口付近に置かれている観葉植物なのです。
この観葉植物、実は日本の男性の平均身長である170センチに揃えられています。
実際に銀行強盗に襲われると恐怖とパニックで記憶が曖昧になってしまいますが、この観葉植物より犯人が大きいか小さいかで、だいたいの身長を割り出すことができるという非常に重要な役割を果たしているのです。
銀行に行った際はぜひ観葉植物をチェックしてみてくださいね。

◎お札の肖像の選定理由とは

これまで、お札にはたくさんの著名人が選ばれてきましたよね。
夏目漱石から野口英世へと変わり、福沢諭吉はまだ変わっていませんね。
この肖像はどのような理由で選ばれているのでしょうか。
最終判断は財務大臣が決定しますが、選ばれるのには条件があります。

・世界に誇れる人物で一般によく知られていること
・人物像の写真や絵画を入手できること

特に二つ目の、人物像の写真や絵画を入手できるというのは非常に重要です。
偽装防止のためにも写真や絵画は多い方がいいとされています。
主にこの二つが条件なのですが、基本的には明治以降に活躍した人の中から選ばれることが通例とされています。

また、最終的な決定は財務大臣が行うとのことです。
日本のお札に選ばれるなんて、これまで肖像に選ばれた方々は想像もしていなかったのではないでしょうか。
できることなら生きている間に知ってもらいたかったですね。

まとめ

お金にまつわる雑学をご紹介してきましたが、みなさんは普段どれくらいの頻度で現金を使われているでしょうか。
クレジットカード支払いやスマホでの決済がさらに普及してくると、少しずつ現金を見る機会も減ってくるかもしれませんね。
ですが、まだまだ現金の支払いが必要な時代です。破損したときの対処法はしっかりと覚えておくことをオススメします。