雑学

世界の治安が悪い都市ランキング

世界の治安が悪い都市ランキング

海外旅行をするときに気になるのが、旅行先の治安ですよね。
日本は世界から見てもかなり治安が良く平和ボケしていると言われてしまう程です。
というのも、海外では窃盗やスリが多いため財布をポケットに入れて歩いたりはしませんが、日本では財布やカバンをその辺に置いて食事をしたりしますよね。
世界の治安の悪い都市ではどのくらい治安が悪いのでしょうか。
ランキングとともにご紹介していきたいと思います。

5位:ファベーラ(ブラジル)危険レベル★


ファベーラとはブラジルの大都市にあるスラム街のことです。
オリンピックで話題になったリオ・デ・ジャネイロはファベーラが多く存在しています。
その治安の悪さは地元の人でも近づかないほどで、ドラッグの売買やギャング同士の抗争が絶えません。

その背景には世界最大の貧富の差があると言われていて、国民の半分以上がブラジルの平均所得の半分以下の収入しかないと言われています。
そんな中で、仕事もお金もない貧しい人たちが集まってできたのがファベーラなんです。
危険レベル1とは、強盗などの凶悪犯が発生しているので渡航・滞在の際は十分注意してくださいとの意味があります。

4位:ティファナ(メキシコ)危険レベル★★


メキシコの北部にある都市で、アメリカとの国境に面しています。
治安が悪い理由のひとつに、アメリカとの国境付近で麻薬の取引や販売が行われていこともあるようです。
メキシコでは麻薬組織が多く殺人や誘拐などの犯罪が非常に多いため、外務省が出している危険レベルは2となっています。
この危険レベル2というのは、不要不急の渡航はやめてくださいと言うことです。

ですが、ティファナはアメリカとの国境付近に位置しているのでアメリカからの日帰り客も多く、日中はそこそこにぎわっているみたいです。
ただ、夜になると一気に治安が悪くなるためティファナで宿泊する人はほとんどいません。さらに恐ろしいのが、メキシコでは麻薬組織と警察が癒着していることも多いので事件に巻き込まれた場合はアメリカで対処した方がよさそうです。

3位:カラカス(ベネゼエラ)危険レベル★★★


ベネゼエラは治安が悪いことで有名ですが、カラカスはとくに危険な地域と言っても過言ではありません。
カラカスでは麻薬の売買や強盗だけでなく国内で一番殺人事件が多い都市で、その数は東京の100倍とも言われています。
昼間でも治安が悪く、外国人だとわかると金目の物を狙われるため非常に危険です。
また、銃撃戦なども行われていて警察はほとんど機能していません。
強盗や誘拐の約80%は拳銃などの武器を使ったもので、旅行者は決して立ち入ってはいけません。
危険レベル3とは、渡航はやめてください(渡航中止勧告)となります。

2位:アフガニスタン国境付近(パキスタン)危険レベル★★★★


危険レベルは最大の4で、退避してください、渡航はやめてください(退避勧告)となっています。
パキスタンは全土が注意が必要なレベルとされていますが、アフガニスタン国境付近はとくに危険です。
ですが、ここまでくると立ち入ることも難しくテロの危険性が高まっているため、簡単に入国できるわけではなさそうです。
ですが、パキスタンには観光できる地域もありますが、外国人を狙ったテロも多発しているため近づかない方がいいでしょう。
タクシーに乗ったり、女性が一人で歩くのも非常に危険です。
外国人というだけで狙われるリスクが高くなるので旅行どころではなさそうです。

1位:イエメン(イエメン全土)危険レベル★★★★


イエメンでは全土が危険レベル4を示す赤色で真っ赤です。
イエメンに滞在していた日本人も退避勧告を受けているほどで、抗争や紛争が絶えません。また、銃などの武器が比較的安い価格で流通しているため、いつどこで命の危険が及ぶかわかりません。
また、テロも多発している上に外国人を狙った誘拐が後を絶ちません。
国籍に関係なく身代金目的で誘拐されるため外国人は非常に危険を伴います。
とくに女性は注意が必要です。
肌の露出を避けることはもちろん、歩くときも周囲を確認しながら注意をしておく必要があります。
そのため観光客は少なく、街中を歩くだけで目立ってしまいます。
イエメンにはいかないことが一番です。

まとめ


世界の治安の悪い都市をご紹介してきましたが、危険レベルが4ともなるとテロや紛争などが起っているようですね。
だからと言って、危険レベルが1の地域は安全というわけではありません。
注意する必要があるのに変わりはないので、ひったくりや性被害、強盗などの危険があるということです。

この危険レベルは外務省のホームページでいつでも確認できるようになっているので、旅行の際は参考にしてみてください。
日本はとても治安がよく、どこに旅行に行ってもそこまでの心配はいりませんが、その感覚で海外旅行へ行くのは非常に危険です。
そして何よりも、治安が悪い地域には近づかないようにしましょう。