ブログ

【鬼滅の刃・カップル編】「伯治(猗窩座)」と「恋雪」についての紹介・考察(ネタバレ含む)

【鬼滅の刃・カップル編】「伯治(猗窩座)」と「恋雪」についての紹介・考察(ネタバレ含む)


伯治(猗窩座)と恋雪

伯治と恋雪は、鬼滅の刃に登場する数少ない公式カップルの一組です。
2人は親公認の元、結婚を誓い合う中でした。

恋雪の存在は、伯治が鬼になった経緯と密接に関係しています。
優しくも悲しい2人の物語を振り返ってみましょう。

【猗窩座(伯治)のプロフィール】


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」18巻

病弱な父のため、町でスリを働き生計を立てていた少年。
父とは正反対に、常人離れした強い肉体を持つ。
喧嘩っ早いが心根は優しく、面倒見のいい性格をしている。
ある事件をきっかけに人生に悲観し、鬼となる道を選ぶ。

【恋雪のプロフィール】


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」18巻

素流道場を営む慶蔵の一人娘。
可愛らしく、純粋で心の優しい少女である。
子供のころから病弱で、長く生きられないと言われていた。
病気のために気弱になりがちで、些細なことで涙を流す。

【出会い】

病弱な父に薬を買ってやるため、日常的にスリを働いていた伯治。
父を守るためならば伯治は、罪を犯そうが、奉行所に捕らえられて百叩きの刑を受けようが、全く構わないと思っていました。
しかし父にとって、自分のせいで毎日息子が罪を犯すのは、受け止めがたい事実でした。

ある日、伯治が奉行所に捕まったとの連絡を受けた父は、伯治を残して自害してしまいます。
最愛の父を亡くし、伯治は自暴自棄に町を彷徨いました。

大人7人に喧嘩を吹っ掛けられ、完膚なきまでに叩きのめした伯治は、見知らぬ男に呼びかけられます。
「お前筋がいいなあ。大人相手に武器も取らず勝つなんてよ、気持ちのいいやつだなあ」
素流道場の師範を名乗るその男は、伯治に門下生にならないかと誘います。
苛立っていた伯治は、男に殴りかかりますが、瞬く間に何発も拳を入れられ、意識を失ってしまいました。
男の実力を認めた伯治は、素流道場の門下生になることを決めます。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」18巻

男は、慶蔵と名乗ると、伯治に病弱な一人娘、恋雪の世話をしてもらえないかと頼みました。
恋雪と初めて対面した伯治は、その姿に亡き父を重ねます。

【物語中の接点】

恋雪は大変体が弱く、つきっきりの看病を必要としました。
一晩中額に乗せる手ぬぐいを変え、服を着替えさせ、こまめに水を飲ませて、厠にも連れ添いました。

恋雪は、自分が伯治の自由な時間を奪っていると感じ、何度も謝りますが、物心ついた時から父の看病をしていた伯治にとって、恋雪との生活はそう辛いものではありませんでした。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」18巻

ある夜、恋雪は伯治に、看病の気分転換になるから花火大会を見に行ってきてほしいと話します。
それに対し伯治は、恋雪のめまいが収まっていたら背負って橋の手前まで行きましょうと提案しました。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」18巻

「今日行けなくても来年も再来年も花火は上がるから、その時行けばいいですよ。」
後ろ向きなことばかり考えがちだった恋雪は、当たり前のように未来を語る伯治の言葉に励まされて、涙を流します。

父の死により自暴自棄になっていた伯治でしたが、素流道場での稽古と、恋雪とのふれあいにより、徐々に落ち着きを取りもどしていきました。

【カップルになった経緯】
(非公式の場合はどうしてそう見えるのか)

伯治と恋雪が出会ってから3年の月日が流れました。
伯治の献身的な看病のおかげで、恋雪は持ち直し、ほとんど床に臥せることもなくなりました。

ある日のこと、慶蔵は伯治を呼び出すと、この道場を継いでくれないかと持ち掛けます。
「恋雪もお前のことが好きだと言っているし」
突然の申し出に伯治は驚き、恋雪は恥ずかしさのあまり、顔を赤らめます。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」18巻

伯治と恋雪は、いつか約束した花火大会に繰り出します。
伯治は本当に自分が相手でいいのかと問いかけますが、恋雪は「私は伯治さんが良いんです」と言って、手を握りました。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」18巻

伯治の胸に、人生をやり直せるかもしれないと言う淡い期待がこみ上げます。
しかし、2人は残酷な運命を辿ることになりました。

恋雪と慶蔵は、隣接する剣術道場の息子から理不尽に嫉妬をされ、毒殺されてしまったのです。
絶望した伯治は、剣術道場に乗り込み、門下生を一人残らず惨殺します。

再びどん底に落とされた伯治は、あてもなく町を彷徨いました。
そこへ鬼の首領、鬼舞辻無惨が現れます。
無惨は十二鬼月を作るため、強い鬼になりそうな人間を探していたのです。
全てがどうでもよくなっていた伯治は、無惨の血を受け入れ、鬼となる道を選びます。

自分が弱かったから、大切な人を守れなかった。
伯治の未練は鬼となってより強固な想いになり、強さに固執する鬼、猗窩座が誕生しました。

【まとめ】

あまりにも悲しい終わりを迎えた伯治と恋雪カップル。
せめて生まれ変わって一緒になって欲しいものですが、最終話で猗窩座は登場しませんでした。
鬼である猗窩座は、地獄へ落ちたため、他の人たちより転生に時間がかかるのかもしれません。

切なすぎる2人の運命への救済措置なのか、鬼滅の刃に掲載されている番外編「キメツ学園」では、高校生にして結婚している2人が描かれています。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」20巻

「キメツ学園」内で2人は、幼い頃からずっと仲が良く、親公認のもと学生結婚したようです。
強さに固執しなくてもよくなった伯治の所属する部活は、何と手芸部。
本編の伯治も、本来は穏やかな性格だったのかもしれませんね。


 

他にもたくさん記事がありますので、よかったら見てみてくださいね!

あわせて読みたい
【鬼滅の刃・キャラ紹介】「上弦の参 猗窩座」についての紹介・考察(ネタバレ含む)【鬼滅の刃・キャラ紹介】「上弦の参 猗窩座」についての紹介・考察(ネタバレ含む) (function(b,c,f,g,a,d,...
あわせて読みたい
【鬼滅の刃・キメツ学園】生徒についての紹介・考察(ネタバレ含む)【鬼滅の刃・キメツ学園】生徒についての紹介・考察(ネタバレ含む) コミックスの合間に時折挿入される、鬼滅の刃番外編「中高一貫☆キメツ学...
あわせて読みたい
【鬼滅の刃・キャラ紹介】「煉獄杏寿郎」についての紹介・考察(ネタバレ含む)【鬼滅の刃・キャラ紹介】「煉獄杏寿郎」についての紹介・考察(ネタバレ含む) (function(b,c,f,g,a,d,e){...