ブログ

【鬼滅の刃・キャラ紹介】「宇髄天元」についての紹介・考察(ネタバレ含む)

【鬼滅の刃・キャラ紹介】「宇髄天元」についての紹介・考察(ネタバレ含む)


【宇髄天元の概要】

     画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」9巻表紙

誕生日 10月31日:蠍座
年齢 23歳
身長 198㎝
体重 95㎏

鬼殺隊音柱、宇髄天元は、派手好きな元忍びの剣士です。
じゃらじゃらと沢山の宝石類を身に着け、派手な化粧を施した2m近い体躯は、否応なしに人の目を引きます。
元忍びであるにもかかわらず、派手さを好むのは、忍びの頃に地味でいなければならなかった事の反動のようです。

その性格は、感情的で気分屋、一見して、尊大であるかのように見えます。
しかし、普段の態度とは裏腹に、宇髄が戦闘において慢心することは決してありません。

宇髄には3人の美人な嫁がおり、それを聞いた善逸は激しく嫉妬していました。

【宇髄天元の詳細な紹介・好きなシーン等】

宇髄天元が初めて登場したのは、鬼を連れていた隊士、炭治郎の処遇を問う柱合会議の場でした。
即刻、炭治郎の頸を斬るべきだという柱たちの主張に賛同し、宇髄は「だったら俺が派手に頸を斬ってやろう。誰よりも派手な血飛沫を見せてやるぜ。」と面白がるような発言をしていました。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」6巻

宇髄は忍びの生まれです。
一族が衰退する焦りから、宇髄の父親は、子供たちに大変厳しい訓練を課しました。
その過程で宇髄の姉弟たちは、7人も命を落としています。
訓練の成果で、毒に耐性が付き、強靭な肉体を手に入れた宇髄。
しかし、感情を押し殺し、人形のように任務を遂行しなければならない環境に嫌気がさし、嫁と共に忍びを抜け、紆余曲折を経て鬼殺隊に入隊することになりました。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」10巻

普段から派手な装飾を施している宇髄ですが、化粧を落とした素顔は、遊郭の女中が頬を染めるほどの色男です。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」9巻

宇髄は忍びらしく、敵の分析が得意な隊士です。
耳が良いため、敵の行動動作を音に変換し、癖や死角を見抜くことができます。

宇髄には、3人もの嫁がいます。全員が優秀なくのいちです。
宇髄の家は一夫多妻制で、15歳になると、一族の長が相性を考えて3人の妻を選び与えます。
泣き虫でおっちょこちょいの「須磨」、勝ち気で男勝りな「まきを」、しっかり者で聡明な「雛鶴」。
3人とも美しく魅力的で、善逸が羨むのもよくわかります。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」15巻

とにかく派手なものが好きな宇髄の口癖は、「派手に」です。
物事の良し悪しも、派手か、地味かで評価します。
地味なもの、はっきりしない行動を見るとイライラするようで、作中でも、おろおろするカナヲに対して怒鳴りつける場面がありました。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」8巻

目的を達成するためには、手段を選ばない宇髄。
とりわけ、自分の妻たちのことになると、感情が先行し、冷静な判断がつけられなくなる傾向があります。
宇髄は自分の中で、優先すべき命の順序をはっきりと決めています。
1番に妻、2番目に堅気の者、3番目が自分です。
上記の命を守るためには、時にその他の命を軽んじることもあります。

作中では、遊郭に潜入捜査中、連絡がつかなくなった妻を助け出すため、蝶屋敷からほとんど誘拐のような形で女の子を連れ去ろうとしたり、まだ階級の低い炭治郎たちを危険な任務に同行させました。
その任務において善逸は、上弦の陸に囚われ、危うく捕食されてしまうところでした。

しかしそれは、何を置いてでも任務を遂行することが良しとされる、忍びの教えが色濃く影響しているのでしょう。

傲慢で自身に満ち溢れてみえる宇髄ですが、自分の力量は正確に把握しています。
上弦の陸、妓夫太郎と対峙した際には、宇髄の力を認める妓夫太郎に対し、「俺に才能なんてもんがあるように見えるか?」「俺程度でそう見えるならテメエの人生幸せだな」と自嘲気味に返していました。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」10巻

無限列車にて、炎柱の煉獄杏寿郎は、200人余りの乗客の命を守り抜きましたが、宇髄は「俺は煉獄のようにはできない」と独白しています。

上弦の陸との戦いで、左腕と左目を失った宇髄は、かねてより3人の女房と約束していた「上弦の鬼を倒したら堅気として生きていく」という目的を果たしたこともあり、鬼殺隊を引退します。

しかしその後も、柱稽古にて基礎体力向上訓練に参加したり、無惨との最終戦において産屋敷輝利哉の護衛にあたったりと、鬼殺隊を陰から支え続けました。

鬼殺隊を引退した後も、宇髄は3人の嫁たちと仲良く暮らしていたようです。
一見、亭主関白にも見える宇髄ですが、炭治郎の見舞いに来た際は、須磨に「ぼんくら!」と呼ばれていました。
案外、嫁たちの尻に敷かれているかもしれません。

【宇髄天元の過去や未来を想像】

鬼に人生を狂わされ、入隊するものが多い鬼殺隊員ですが、宇髄の入隊理由は、鬼とは関係しません。

宇髄が鬼殺隊に入隊したのは、「自分たちの罪にけじめをつけるため」です。
宇髄とその嫁たちは、忍びであった頃、沢山の人の命を奪いました。
上弦の鬼を倒すことを贖罪の区切りとし、それ以降は堅気として生きていく。
それが、宇髄たちの目指すものでした。

忍びを抜けた宇髄ですが、気がかりなのは、作中に一コマだけ登場した、宇髄の弟です。
弟は、血涙もない父親の生き写しとのことでした。
徹底した秘密主義を貫く忍びの世界で、組織を抜けることは死を意味します。
全く忍ぼうとしない、ド派手な容姿をした宇髄ですから、優秀な弟にかかれば、即見つけられてしまいそうですが…。
宇髄が命を追われることはなかったのでしょうか。

上弦の陸を撃破した後は、引退して穏やかに暮らしていた宇髄。
最終話にて、宇髄の子孫が登場していますので、嫁の誰かと子を儲けたようです。
宇髄の身体能力はしっかり受け継がれているようで、子孫の宇髄天満は、オリンピックに出場していました。
ど派手に金メダルを取った子孫を、宇髄も天国で誇らしく見守っていることでしょう。

【まとめ】

何人もの命が失われた無惨戦。
早くに柱を引退した宇髄は、戦いを生き延びました。
守る者が多い宇髄にとって、それは致し方ない選択でした。
共に戦ってきた仲間たちの訃報を次々に聞き入れた宇髄は、どのような心持ちでいたのでしょうか。

生まれのせいで、今まで過酷な道を歩まざるを得なかった宇髄。
宇髄は、柱の中で唯一痣を出さなかったため、その天寿を全うしたと思われます。
残りの人生は、美しくも、かしましい嫁たちと、賑やかな生活を送ったことでしょう。


他にもたくさん記事がありますので、よかったら見てみてくださいね!

あわせて読みたい
【鬼滅の刃・音の呼吸】音の呼吸の特徴についての紹介・考察(ネタバレ含む) 【鬼滅の刃・音の呼吸】音の呼吸の特徴についての紹介・考察(ネタバレ含む) (function(b,c,f,g,a,...
あわせて読みたい
【鬼滅の刃・キャラ紹介】「上弦の陸 堕姫 妓夫太郎」についての紹介・考察(ネタバレ含む)【鬼滅の刃・キャラ紹介】「上弦の陸 堕姫 妓夫太郎」についての紹介・考察(ネタバレ含む) (function(b,c,f,g,...
あわせて読みたい
【鬼滅の刃・入隊編】宇髄天元 鬼殺隊入隊の経緯についての紹介・考察(ネタバレ含む)【鬼滅の刃・入隊編】宇髄天元 鬼殺隊入隊の経緯についての紹介・考察(ネタバレ含む) (function(b,c,f,g,a,d...
あわせて読みたい
【鬼滅の刃・キメツ学園】教師についての紹介・考察(ネタバレ含む)【鬼滅の刃・キメツ学園】教師についての紹介・考察(ネタバレ含む) 今回の記事では、鬼滅の刃番外編「中高一貫☆キメツ学園」に登場する、個...