ブログ

【鬼滅の刃・キャラクター紹介】竈門禰豆子の紹介・考察(ネタバレ含む)

【鬼滅の刃・キャラクター紹介】竈門禰豆子の紹介・考察(ネタバレ含む)

 


【竈門禰豆子の概要】


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」1巻表紙

誕生日 12月28日:山羊座
年齢 14歳
身長 153cm
体重 45kg

主人公、竈門炭治郎の妹、竈門禰豆子。
炭治郎に似た、家族思いの優しい少女です。
竈門家の長女である禰豆子は、沢山の兄弟の面倒を見ながら、貧しくも幸せな生活を送っていました。

ところがある日、炭治郎の帰りを待つ禰豆子たちの元に、鬼の始祖、鬼舞辻無惨が襲来し、家族は皆殺しにされてしまいます。
瀕死の禰豆子は無惨に血を与えられ、鬼と化してしまいました。
鬼となったものは、今まで例外なく、人の血肉を喰らいました。
しかし、禰豆子はその強い自我をもって、炭治郎の捕食を踏みとどまります。

人間を喰うことのない、前代未聞の鬼の誕生により、長年続いた鬼と人との因果の歯車が、静かに回り始めました。

【竈門禰豆子の詳細な紹介・好きなシーン等】

竈門禰豆子は、明るく、家族思いの優しい少女です。

頑固な所もあり、愛する家族を傷つける者には、たとえ敵わないとわかっていても、立ち向かっていきます。
少々向こう見ずな気の強さは、兄譲りです。

兄弟たちに好きな異性のタイプを聞かれた際には、頬を染めて「飛車のような人」と答えていました。
飛車とは、縦と横に何マスも動くことができ、敵の陣地になると竜王になる将棋の駒です。
禰豆子の心を射止めるのは、なかなかにハードルが高そうです。

特技はそろばんの高速はじきで、今までに何度もそろばんを破壊しているようです。
優しくも厳しい一面もあり、禰豆子のデコピンは炭治郎の頭突きと並んで兄弟たちに恐れられていました。

よく笑い、人懐っこく、町でも評判の美人だった禰豆子。
ある日突然姿を消した竈門一家を、町の人たちはたいそう心配したことでしょう。

画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」第1巻

鬼となってからは、冨岡義勇に竹で作った口かせをかまされ、戦闘以外の場面では幼子のようにふるまうようになりました。
言葉も話せなくなり、獣のように唸るのみ。
移動の際は、日光を避け、炭治郎の背負う木箱の中に納まっています。
体の大きさを自由自在に変えることができ、戦闘の際には大人のように大きく、籠に入る際は幼児のように小さくなります。

画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」第1巻

血肉を得ない禰豆子が正気を保っていられるのは、長い睡眠による効果です。
作中では、最長で2年間もの間眠り続けました。
本来、鬼は睡眠をとりませんが、禰豆子は何らかの力により、睡眠にて傷ついた肉体を癒しすように体を変貌させました。

2年の深い眠りに落ちていた際、禰豆子は炭治郎の師、鱗滝左近次により、「人間はみな家族だ」との暗示をかけられました。
そのためか、時折人間たちが自分の家族に重なって見えるようです。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」第3巻

それでも血肉への渇望がなくなったわけではなく、不死川実弥がわざと血を流し、禰豆子を挑発した際には、よだれを垂らしながら堪える姿が見られました

強い怒りに襲われると、全身に鬼の文様が現れ、角をはやした姿に変貌します。
文様を全身に纏うと、禰豆子は桁違いに強くなります。
その回復スピードは上弦の鬼を上回るほど。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」第10巻

刀鍛冶の里で、上弦の肆、半天狗との戦闘に勝利した後、禰豆子は日光を克服しました。
簡単な言葉も話せるようになり、一気に人間らしくなります。


画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」第15巻

唯一無二の兄妹として、炭治郎と禰豆子は強すぎる絆で結ばれています。
お互いが敵に傷つけられると烈火のごとく怒り、その怒りを原動力にして、持てる以上の力を発揮します。

禰豆子は人間だった時、自己を顧みず、他人のことばかりを気にかけている炭治郎のことをずっと気にかけていました。
なんでも抱え込み、優しすぎる炭治郎に対し、自分も一緒に頑張れる、もっと頼ってほしいと常に思っていた禰豆子でしたが、炭治郎は変わらず兄弟たちを庇護し、何か悪いことがある度に、自分を責め続けていました。
そんな炭次郎に対し、禰豆子は「一緒に頑張ろう」「お兄ちゃんならわかってよ」と涙を流して訴えていました。

画像引用元:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」第11巻

炭治郎の同期の剣士、我妻善逸は、一目見た時から禰豆子の虜になりました。
善逸は、禰豆子がまだ自我を取り戻していない頃から、何かと話しかけたり、日光を避けて、夜間に散歩に連れ出していました。

想いをストレートに伝え続けた善逸でしたが、残念なことに、禰豆子は善逸のことを「珍妙なタンポポ」としてしか認識していなかったようです。
最終戦で、人間に戻った禰豆子は、突如善逸に「妻」と呼ばれ、戸惑っていました。

【竈門禰豆子の過去や未来を想像】

「町でも評判の美人だった」という禰豆子。
時には炭治郎と共に山を下り、炭を売りに行っていたと思われます。
禰豆子の特技がそろばんだったのも、勘定を任されていたからかもしれませんね。

最終戦の後、禰豆子は炭治郎、善逸、伊之助らとにぎやかな共同生活を送ることになります。
最終話にて明かされた事実によると、禰豆子はその後なんと、珍妙なタンポポ、善逸と添い遂げたようです。
善逸のストレートなアプローチに、禰豆子も心動かされたのでしょう。
「禰豆子ちゃんは俺が守る」と豪語していた善逸のことですから、婚姻後も禰豆子を大切にし、二人が幸せに暮らしたのは間違いなさそうです。

【まとめ】

優しくも強い女性、竈門禰豆子。
鬼滅の刃の世界で、禰豆子と炭治郎の兄妹愛は、物語を明るく照らし続けました。

最終戦で禰豆子は、直接戦闘には関わっていないものの、その深い兄弟愛にて、大切な役割を果たしました。

最終戦後、世界は平和を取り戻したものの、炭治郎達は沢山の大切なものを失いました。
しかし禰豆子の太陽のような笑顔は、炭治郎、善逸、伊之助らを支え続けたことでしょう。