書評

『青の数学』を読んでみた感想!好きなことに打ち込みたいけど勇気が出ない人にオススメの本!

『青の数学』を読んでみた感想!好きなことに打ち込みたいけど勇気が出ない人にオススメの本!

みなさん数学は好きですか?
私は好きではありませんでした…。
数学って何の役に立つの?といつも思っていました。
ただ漠然と苦手意識が募って、知らないうちに数学から遠ざかっていました。

数学に限らず学生時代、何かに懸命に打ちこむことをどこか恥ずかしいと感じていたのです。

今回ご紹介するのは、王城夕紀『青の数学』という作品です。
本作を読んで、学生時代なぜ好きなことに打ち込まなかったのだろうと悔しい気持ちになりました。
そして、まだ間に合う!と自分を鼓舞している現在です。

数学って好きになれないんだよね…
好きなことに打ち込みたいけど勇気が出ない…

そんな方にぜひ読んでほしい一冊です。

【友達との中で「数学」を見つめる】

主人公の男子高校生・栢山は、幼いころから数学に興味を持ち、現在も九十九書房にいる十河の教えのもと日々数学を極めていっています。

高校では数学をひたすらに愛する女子高生・七加、数学を教えてほしいと栢山にお願いする柴崎など、個性あふれるメンバーが出て来るんです。

栢山は「なぜ自分が数学をするのか」をあまり自覚していないのですが、十河や七加など身の回りの人間と関わっていく中で、自分に「なぜ?」を問いかけていきます。

この作品の面白いところは、数学の天才や、数学を得意としている人だけで構成されていない点です。

私は、才能を持った人がたくさんいることを知りながらも、数学が好きで勉強し続ける七加の次の台詞が好きです。

それでも、好きなのは数学なんです。
好きなんだからしょうがない。
だから、数学の本を読んでいます。
分かる範囲でしか分からないけれど、それでも少し分かるだけで楽しいんです。

きっとあの人には追い付かない、センスが自分にはない、そう気づいたとしても「すきなこと」って諦められないんですよね。
どこかに追いやろうとしても、完全に切り離すことはできません。

自分には才能がない、そう思ったところで見切りをつけないで、ひたむきに数学を好きでいる姿勢が印象的です。

数学だけにとどまらない登場人物や視点があることによって、数学に詳しくなくても楽しめる内容になっています。

【E²の存在と、栢山の前に立ちはだかる者】

高校内におさまらず、栢山はE²という世界を通して多くのライバルたちと出会います。

E²というのは、若き数学者が集うオンライン上での空間です。
ここでは数学の問題をどちらが解けるか、という決闘が繰り広げられています。
大人だけでなく、一般の高校生たちが集い、自由にコメントもします。

ある日、そこで出会った、全国トップ私立の数学研究会のメンバー・ノイマンと栢山が決闘をします。
ノイマンは今までに戦ってきた相手の弱点を突くことで、相手を負かしてきました。
負けた相手はその後数学をやらなくなるなど、彼の策略はなかなかに重く鋭いです。

ノイマンは高校1年生ですが、可愛らしい風貌とは打って変わって、やけに大人びていてぞっとします。いいキャラしてますね。

栢山は最初こそ劣勢だったものの、徐々に追い上げていきます。
今まで栢山は数学の才能を持ちながらも、好きだ!
と堂々と言うような熱いキャラではなかったんです。
無気力というか、なんとなくやってます、というイメージが強い男子高校生。

しかし、ノイマンと戦うにつれて成長していく一コマがあります。

このまま問題を解き続けても、永遠に追いつけないかもしれない。
そう思わせれば、諦めると?数学をやり続けることそのものまで、諦めてしまうと?
こんなに苦しいなら、数学を続けることそのものを放棄すると?
そう、思われているのか。
熱い何かは、煮え滾るようなたった一言に、凝縮した。――ふざけんな。

何度も自分に問いかけています。
作中、栢山は何度も自身に「なぜ?」を問いかけるんですね。
その姿勢はどこか数学を解く時の頭の中に似ています。

栢山の成長過程も見どころのひとつです。

【問題に取り組むときの描写が熱い】

栢山は数学の問題を解くとき、どんな世界を見ているのでしょうか。

本作では、彼が問題を解く様子、解いている最中に思ったことが丁寧に描かれています。
また、短文が続きスピード感があって、ぎゅんぎゅん惹き込まれるんです。

目をゆっくり開ければ、いつもの時間。
問題を始める前の、その時間。真っ白の時間。
まっさらの時間。目の前に積まれた何も書かれていない紙のように。そう。
いつもと同じ。問題に飛び込んで、解くだけ。
〈略〉解き放たれたように、飛び出す。

ひとつひとつ息を止めながら一気に読んでしまうんです。

また、物語後半、栢山はE²による合宿に参加します。
ここでは、先程紹介した登場人物とは別にもっと数学に特化した子供たちが登場してきますよ!

1つ目のイベントでは、5問20分がワンセットで、全問正解者だけが次のラウンドに進めるというサバイバルが行われます。
残りが一人になるまで繰り返されるというハードな設定です。

次々に脱落者が出る中残っていく栢山。
1問不正解だったら即脱落というハラハラ感も味わえます。
数学に取り組む子供たちの息遣いがすぐそこまで伝わってくるようです。

『青の数学』のタイトル「青」は、まさに栢山を含む子供たちの青春を指しているでしょう。
好きなことに打ち込み、時には自分に問いを投げかけ、今この時を思いっきり楽しむ「青春」がこの作品にはあります。

【まとめ】

今回は、王城夕紀『青の数学』をご紹介しました。

読んだ後は、
ちょっぴり数学が好きになって、
自分が打ちこめるものって何だろう?と考えずにはいられない作品です。

栢山が昔に出会った、数学オリンピックを制した少女・京香凛との今後も気になるところです。

数学になんとなく距離を置いていた…
好きなことに打ち込みたい!

という方はぜひ読んでみてくださいね。