生活

関東と関西でこんなに違う?食文化編

関東と関西でこんなに違う?食文化編

同じ日本でも関東と関西では全く違うことが多いですよね。
言葉だけでなく、食事や習慣も大きく異なります。
そこで今回は、関東と関西の食文化の違いについて詳しくご紹介していきたいと思います。それではさっそく見ていきましょう!

◎ソースの違い


関東は中濃ソースが主流ですが、関西では料理によってソースを使い分けています。
ウスターソース、たこ焼きソース、焼きそばソース、お好みソース、とんかつソースなどソースの種類が多く、使い分けるのが一般的です
関西人はソースが大好きなので納得ですね。

◎餅の食べ方の違い


冬になると餅を食べる機会が増えますよね。
みなさんはどのようにして食べるのが好きですか?
関東では餅に海苔を巻いて醤油をつけて食べますが関西では砂糖と醤油を混ぜて食べることが多いです。
海苔と餅の相性は抜群ですよね。
ですが、砂糖と醤油で食べるのも結構おいしいんですよ。
割合としては砂糖が多めで醤油を少したらすのがポイントです。

◎お雑煮の違い


お正月に食べるのがお雑煮ですよね。
毎年恒例で楽しみなお雑煮ですが、ここでも関東と関西の違いがあるんです。
関東では醤油で焼いた餅を入れますが、関西では白みそなどで味付けをした汁の中に、焼いていない餅を入れるのが一般的です。

◎すき焼きの食べ方の違い


関東では割り下を入れて、そこにお肉や野菜を入れて煮込みますよね。
ですが、関西ではお肉を焼いてから砂糖と醤油などで味付けをしてそれから割り下を入れるのが主流です。
関東は割り下で煮込むのに対して関西ではまずお肉を焼いて、それから割り下を入れるという違いがあります。

◎おでんの食べ方の違い


カツオと昆布だしがベースですが、関東では砂糖や醤油を入れて比較的濃い味付けが特徴です。
それに対して関西では醤油や塩を入れて薄味にするのが特徴です。
おでんの味付けや食べ方は家庭によっても大きく変わってきますよね。

ちなみに、姫路ではすりおろした生姜と醤油を混ぜた生姜醤油に具材をつけたり、具の上にかけたりして食べる家庭が多いです。
俗にいう姫路おでんです。
おいしいのでぜひ試してみてください。

◎かき氷の違い


夏祭りなどでかき氷を食べたり自宅で作ったりしますよね。
かき氷にシロップを使うと思いますが、みなさんはシロップをどのタイミングでかけますか?
器にシロップを入れてその上からかき氷を盛り付けると言う人は関東出身ではないでしょうか?
反対に氷の上からシロップをかけるという人は関西出身ではないかと思います。
シロップのかけ方ひとつでも関東と関西では違いがあるようですね。

◎お好み焼きの違い


関西の人が大好きなお好み焼きですが、欠かせないのはソースですよね。
お好み焼きにはソース以外にあり得ない!
という意見が多そうですが関東ではソースやマヨネーズはもちろんケチャップをかけて食べることもあるそうです。

さらに、切り方まで違いがあります。
関東ではピザのように三角に切って食べるそうですが、関西人が聞くとカルチャーショックが大きいのではないでしょうか。
関西では格子切りと言ってマスのように切るのが常識です。
また、関東ではお好み焼きは主食ですが、関西ではおかず感覚なのでご飯と一緒に食べる人も多いですよ。

◎今川焼?回転焼き?


小麦粉のような生地の中に白あんやこしあん、つぶあんが入ったお菓子のことをみなさんはなんと呼んでいますか?
関東では今川焼関西では回転焼きと呼ぶのが一般的なんです。
同じお菓子なのに呼び方がまったく違うのはおもしろいですね。

◎お稲荷さんの形の違い


お稲荷さんと言えば、甘辛く煮た油揚げの中に酢飯がたくさん詰まったみんな大好きなお寿司ですよね。
味付けにほとんど差はないのですが、関東と関西では形が違います。
関東では俵のような四角っぽい形に対して関西では三角形が一般的です。
これまであまり意識したことがなかったのですが、ぜひ一度意識してみてください。

スーパーなどのお稲荷さんはどんな形をしているでしょうか。
観察してみると地域性が感じられておもしろいかもしれませんね。

◎おしるこ?ぜんざい?


あんこと餅の組み合わせが最高な食べ物ですが、なんと呼んでいますか?
関東では汁気があれば「おしるこ」で汁気がなくて餅や白玉が入っていると「ぜんざい」と呼ぶのが一般的です。

これに対して関西では粒あんで汁気があるものを「ぜんざい」と呼びます。
そして、こしあんで汁気があるものを「おしるこ」と呼ぶのが一般的なのです。
関西の方が少し呼び方が複雑で、汁気がないあんこと餅のことを「亀山」などと呼んでいます

◎揚げせんべいと言うと?


揚げせんべいはサクサクして一度食べ出したら止まらなくなりますよね。
関東で揚げせんべいと言えば「歌舞伎揚げ」が主流で、関西では「ぼんち揚げ」が一般的です。
ここでもまた呼び方がまったく違いますね。
関東の歌舞伎揚げは醤油ベースですが、関西のぼんち揚げは歌舞伎揚げよりも甘めに味つけされているのが特徴的です。

まとめ


関東と関西での食文化は同じ食べ物でも形が違ったり呼び方が違ったりと、さまざまな違いがあることがわかりました。
自分の住んでいる地域では一般的でも、違う地域へ行けば通じなかったり珍しく感じるものもたくさんあるかと思います。
関東と関西での食文化の違いを知ってそれぞれの良さを知り、試してみるのもいいですね。関東風や関西風、それぞれの味付けを楽しんでみるのはいかがでしょうか。