生活

伊勢海老・松阪牛だけじゃない伊勢志摩の美味しいもの5選

伊勢海老・松阪牛だけじゃない伊勢志摩の美味しいものを5選

「伊勢志摩と言えば伊勢海老に松阪牛!」そう考えている人は多いはず。
でも、伊勢志摩には他にもたくさんおいしいものがあるのはご存知ですか?
せっかく旅行にきたのなら、いつもとは違うおいしいものを堪能してみてはいかがでしょうか。
ここでは、伊勢海老・松阪牛だけじゃない伊勢志摩の美味しいものを5つお伝えします。

1、 伊勢うどん


伊勢志摩でうどんといえば、伊勢うどん。
讃岐うどんとは全く逆の柔らかくモチモチとした極太の麺が特徴です。
つゆではなく、たまり醤油をベースにした真っ黒のたれを絡めながらいただきます。
初めて見る人は、普通のうどんとのギャップでビックリするかも。
しかし、一口食べてみればその美味しさがわかりますよ。
たれは見た目こそ真っ黒ですが、出汁がきいた甘辛い味で「濃い」ということはありません。
うどんもコシはないけれど、このたれとの相性は抜群です。

この伊勢うどん、伊勢では古くから伊勢神宮へお参りに来られた方へ振る舞われていた、とされています。
その際、消化に優しいもので疲れを癒してもらうため、という意味でやわらかい麺になったのだとか。
この柔らかさの秘密は麺を長時間茹でること。なんと1時間近くかけて茹でているお店もあるのです。
昔ながらの伊勢うどん、お伊勢参りの際にはぜひ試してみてください。

2.てこね寿司


てこね寿司は、酢飯の上に甘辛の醤油だれに漬け込んだお刺身を乗せたお寿司で、志摩地方に古くから伝わる漁師メシです。
「てこね」とは手でこねる、という意味。
その昔、志摩の漁師が漁の合間に、捕った魚に醤油をかけて、手で混ぜ合わせて食べていたことに由来します。

元々はカツオを使っていたため、今でもカツオを使ったお店が多いのですが、マグロなど他の魚を使ったてこね寿司を置いているお店もあります。
ちなみに、地元の漁師さんたちはその日捕れた魚を使うため、日によって違うてこね寿司を食べているようですよ。

てこね寿司は、たれにしっかり漬けた上に、たっぷりの薬味が乗っているため、カツオ独特の臭みも気にせず美味しくいただくことができます
桶に入れて出してくれるお店が多いため、写真映えもするご当地料理でもあります。

3.あこや貝の貝柱


伊勢志摩といえば、真珠養殖が有名です。
その養殖の副産物といえるのが、あこや貝の貝柱です。
真珠を取り出す冬のわずかな時期にしか取れないもので、希少で地元以外ではほとんど出回っていません。
小さいながら旨味があり、刺身からフライ、バター醤油焼きなど、和食にも洋食にも合い、地元の人から愛されています。

そんな希少価値のあるものなので、時期を合わせないと中々食べることはできなのですが、もし見かけた際にはぜひ食べてみて欲しい一品です。
どうしても味わってみたい人には、「真珠漬け」はいかがでしょうか?
こちらは、貝柱を上質な酒粕に漬けたものですが、伊勢志摩のお土産屋さんで購入することができます。

4.牡蠣


牡蠣といえば、広島が有名ですが、実は伊勢志摩も牡蠣は有名なのです。

伊勢志摩の海はリアス式海岸でプランクトンが豊富です。
そのため、牡蠣養殖に適しているのがその理由です。

伊勢志摩には4種類の牡蠣が養殖されていて、その中でも「的矢牡蠣」と「岩牡蠣」は三重ブランドにも認定されています。
三重ブランド認定の特徴としては、紫外線殺菌海水に18時間浸けたもの、であること。
出荷前に殺菌するので、生で食べても食中毒が起こりにくくなります。

三重ブランドではありませんが、鳥羽の浦村も牡蠣で有名なところです。
ブランド牡蠣ではないので、比較的安く食べることができます。
また、浦村には、食べ放題の牡蠣小屋がたくさんあります。

もうひとつの牡蠣が「プレミアムオイスター」です。
こちらは志摩市のブランド認定を受けていて、三重ブランド同様生食ができます。
そして、一番の特徴は1年中食べられること。
他の3つの牡蠣はそれぞれ季節限定なのですが、プレミアムオイスターだけは通年で楽しむことができるので、志摩を訪れた際には牡蠣を堪能してはいかがでしょうか。

5.ふぐ


牡蠣同様、「ふぐって伊勢志摩なの?」って思われている方も多いのではないでしょうか?
実は、そうなんです!伊勢志摩で有名なふぐは「あのりふぐ」と言われていて、志摩市にある「安乗(あのり)」でとれるからあのりふぐと呼ばれています。

あのりふぐは、重さが700g以上の天然のトラフグで、先ほどの的矢牡蠣同様に、三重ブランドの認定を受けています。
あのりふぐを食べられるのは冬の間だけ。
それ以外は規定により漁ができないのです。
あのりふぐが食べられるお店には、あのりふぐ協議会から「あのりふぐ取扱店」の認定看板をもらい、お店に掲示しています。
また、ネットであのりふぐ取扱店の認定店を探すこともできます。
旅行前に調べてぜひ、伊勢志摩の冬の味覚を楽しんでください。

余談ですが、このあのりふぐ、漁をする上で、漁法や時期などを厳しく決めた規定があります。
また、毎年稚魚を放流する取り組みも行っているんですよ。
そうやって、志摩市では、そういった仕組みを作って貴重な天然のトラフグを守っているのです。
あのりふぐを食べる機会があれば、そういった背景も思い出してみてください。
また、違った味わいが感じられるかもしれませんよ。

まとめ


いかかだったでしょうか。意外な名物もあったのではないでしょうか。
時期によっては食べられないものもありますが、そこはぜひ、次シーズンの旅行のヒントになればいいなと思います。
牡蠣やふぐのような高価なものから、伊勢うどんのような手軽なものまで、伊勢志摩には年中美味しいものがあふれています。
観光地に飽きた、なんて方は、美味しいものめぐりをしてみてはいかがでしょうか。

他にもたくさん雑学系の記事がありますので、よかったら見てみてくださいね!

あわせて読みたい
赤福だけじゃない伊勢志摩のお土産オススメ5選伊勢海老・松阪牛だけじゃない伊勢志摩の美味しいものを5選 人生で一度はお参りしたい伊勢神宮で有名な伊勢志摩。 そのお土産といえば赤福...
あわせて読みたい
 あまり食べない方がいい?体に悪い食べ物6選 あまり食べない方がいい?体に悪い食べ物6選 私たちが生きていくうえで欠かせないのが食事です。 みなさんは食にこだわりを持ったり健康...
あわせて読みたい
お弁当にも使える 美味しいお味噌汁を簡単に飲める方法おすすめ5選!お弁当にも使える 美味しいお味噌汁を簡単に飲める方法おすすめ5選! 和食に欠かせないのが、大豆製品。 豆腐はもちろんのこと、高野豆腐...
あわせて読みたい
一人暮らしでも大丈夫 なす一袋を美味しく食べきる方法おすすめ6選!一人暮らしでも大丈夫 なす一袋を美味しく食べきる方法おすすめ6選! なすは煮ても焼いても、生でも美味しく食べられる野菜。 水分が多い...
あわせて読みたい
安くておいしい!無印のオススメ食品 9選安くておいしい!無印のオススメ食品9選 忙しいときにパパっと作れる無印の冷凍食品やレトルト食品は幅広い世代から人気です。 その人気の...