生活

子連れディズニーで押さえておきたいこと12選

子連れディズニーで押さえておきたいこと12選

 

夢と魔法の国、東京ディズニーリゾート。
誰もが子どものように現実を忘れて遊べる人気のテーマパークには、小さい子どもから大人までたくさんの人が毎日訪れます。
しかし、その人の多さから小さいお子さんを連れていくのは少しハードルが高い、と思ってしまう人もいるのではないでしょうか?
そこで子連れディズニーで押さえて欲しい12のポイントをご紹介します。

その1.事前にパスポートを買っておく


パークに入るために必要なパスポート。
もちろん現地でも購入は可能ですが、前って購入しておくのがオススメ。
なぜなら、混雑するから。
特に開園前のエントランス前には多くの人が並んでいます。
チケットの列だと思ったら開園町の列だった!並び直さなきゃ!
なんてことが起きることもあります。
これは子どもはもちろん大人にだって辛い。
そうならないために、事前にパークチケットを購入してから出かけましょう。
ちなみにパークチケットは、旅行代理店の他、一部のディズニーストア、公式サイトからオンラインで購入が可能です。
公式サイトからだとオンライン限定の絵柄のパスポートが買えるのでオススメですよ。

その2.公式アプリのインストール


こちらもパークに行く前にやってほしいことです。
公式アプリでは、ファストパスの取得や、アトラクションやレストランの待ち時間がわかるようになっています。
このアプリを使えば入園後、家族全員のパスポートを読み込むだけでその場でファストパスが取得できます。
その他アトラクションやレストラン・ショップ検索などパーク内ではアプリが大活躍するのでぜひ準備していきましょう。
また、使い方も事前に調べていけばよりスムーズに楽しめますよ。
注意点としては、アプリを頻繁に使うことでスマホのバッテリーがすぐなくなってしまいます。
携帯用の充電器も忘れずに持っていきましょう。

その3.ベビーセンターの利用


ベビーカーを置いてきたけど、やっぱり必要かも。
パーク内で授乳って?そんな疑問を解決するのが、ベビーセンター。
ランドで2か所、シーで1か所、ベビーセンターと呼ばれるおむつや粉ミルク・離乳食などを販売している施設があります。
ここではお湯も提供しているので、持ってきたお湯が足りなかった!なんて時も安心です。ここでは授乳や離乳食を食べさせることもできます。
また両パークともエントランス入ってすぐのところでベビーカーレンタルも行っていますよ。

ここでレンタルする方は、ベビーカーにつける目印を用意しておきましょう。
パークではベビーカーを利用する人がたくさんいます。
その中で自分のベビーカーがすぐわかるように目印をつけることで、探しやすくなりストレスを減らすことができます。

その4.ファストパスを取得する


アトラクションに並ばず乗れるファストパス。
人気アトラクションだとファストパスなしでは長時間並ばなければいけないことも多く、小さなお子さんと一緒に並ぶのは大変ですよね。
ファストパスを利用してできるだけストレスを減らして遊びたいもの。
最近では、前述で紹介した公式アプリで取得が可能になったため、以前のようにわざわざ目的アトラクションまで行かなくてもよくなり、取得しやすくなっています。
とはいえ、このアプリを使ってファストパスを取得できるのはエントランスのゲートをくぐってから。

やはり人気アトラクションのファストパス取得となれば、開園と同時にパークに入りたいという点においてはあまり変わりません。
しかし裏をかえせば、ソアリンやトイ・ストーリー・マニア!のように開園後集中するファストパスはほぼ限られているので、その他の対象アトラクションであれば比較的容易に取得できます。
ファストパスを取得しやすいアトラクションを事前に調べておいて、そこを狙うと慌てて入園しなくてもいいのでオススメです。

その5.一度にたくさんのゲストが乗れるアトラクションの利用


アトラクションに乗りたいけど子どもが長時間待てないかも、なんて時は一度に多くの人が体験できるアトラクションがオススメ。
列が多いように見えても一回で多くの人が中に入っていくので、実際には見た目ほど待ち時間がかかりません。
ランドのイッツ・ア・スモールワールドやシーのシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジなど、小さいお子さんでも楽しめるものが多いので、是非利用してみてください。
その際は、前もってアプリで待ち時間を調べておいてトイレなどを済ましておくといいですね。

その6.食事時間をずらす


おなかが空いてレストランに行ったら長蛇の列!なんてことも起こりやすいパーク内では、食事時間を大幅にずらすのがオススメ。
大体10時か15時頃だと割と空いています
ちなみに閑散期と言われる時期でも、お昼や夕食時の時間だと席はあっても注文するまでに時間がかかってしまうこともあるので、1時間程ずらすと快適に利用できます。
特にファストフード系はパレードを待ちながら利用する人が多いので、パレードを見ながら、と考えている人は30分前には購入するのがいいでしょう

繁忙期には並ぶことを考えて、1時間半前には買いに行き場所取りをするのがいいかもしれません。
また、前もって予約できる「プライオリティ・シーティング」対象のレストランを利用するのもいいですよ。
公式サイトで利用予定日の1か月前から予約できます。

その7.席数の多いレストランを調べておく


食事時間をずらしても夏休みなどの繁忙期には混むもの。
大人は我慢できても小さいお子さんには難しいですよね。
そこで、前もって席数の多いレストランをリサーチしておきましょう。
例えば、ランドなら「プラズマ・レイズ・ダイナー」、シーなら「ドックサイドダイナー」などいくつか候補を挙げておきましょう。
ファストフード系ならお店のキャストに「外で食べます」と言うだけで、持ち運べる箱に入れてくれるので、パレードの待ち時間に食べたり外のベンチで食べたりするのに便利です。

その8.ポップコーンバケットの購入


色んなデザインがあってかわいいポップコーンバケット。
これを持っておけば、アトラクションやショーでの待ち時間でお子さんから「おなかすいた」と言われたときにサッと食べさせることができます。
また、紐は調整可能なので小さいお子さんでも自分で持てるのもいいですよね。
以前購入したバケットを持っているなら、それを持参して入れてもらうことも可能です。
最近では紙のレギュラーパックを入れるポップコーンケースもあるので、そちらもオススメです。
ソフトケースなので折りたたんでかさばらずに持って帰ることができます。

ただし、場所によってポップコーンバケットのデザイン・味が違うので、前もってどれにするか、どこにあるか調べておくといいですよ。
こちらも公式サイトから簡単に調べることができます。

その9.自動販売機の場所をおさえる


ペットボトルが欲しいけどワゴンには人がいっぱい。
そんな時穴場なのが自動販売機です。
ランドには5か所、シーには1か所、自動販売機が設置しているところがありますが、そのどれもがエリアのテーマに馴染むようにデザインされていて気づきにくいところにあるものもあります。
そのため、比較的ワゴンよりも空いていて購入しやすいです。
お出かけ前におさえておけば、欲しいときに探す手間が省けます。

その10.パレードやショーの時間と場所を調べておく


子どもも大人も一緒に楽しめるパレード。
パレード時間とともに調べておいてほしいのがパレードルート。
特に期間限定のパレードでは途中何回か停止するものもあります。
この停止位置を調べておくことで好きなキャラクターが目の前に来たり、ダンサーのパフォーマンスが目の前で見れたり、とよりパレードを楽しむことができます。

また、ショーの中には小さい子供が参加することができるものも。
ショーを中心に計画するのもパークで楽しむ1つの方法です。
ちなみに各パレードは1時間前から場所とりが可能です

その11.比較的空いているトイレを調べておく


色々調べて準備万端!でも意外と忘れがちなのがトイレです。
パークには至るところにトイレが設置しており、キャストに聞けばすぐ教えてくれます。
しかし、トイレによって個室の数は異なり、慌てて行ったらここでも長蛇の列!ということもよくあります。
そんな時、個室数が多かったり、見つけにくいために利用者数が少なかったりというトイレを調べておきましょう。

例えばランドだと、トゥモローランドテラス前のトイレは個室数が他に比べると多くおむつ交換台も3台あります。
シーならカスパ・フードコート裏のトイレは見つけにくく日中でも人が少ない傾向にあります。

こういったトイレをいくつか調べておくことで、早くトイレを利用することが可能です。
また小さいお子さんなら、前述のベビーセンターにもおむつ交換台がありますし、お子様用シートがあるトイレがあります。

その12.お土産を買うのは午前中に


お土産を買って帰ろうとしたらまたしても大混雑!ゆっくり選べないし、子供とはぐれないようにするのも大変ですよね。
そうならないようにオススメするのは午前中に買うこと。
午後以降、特に夕方からは早めに帰宅する人や朝から遊びまわって落ち着いた人がショップをまわり出すので、意外と人が多いことも。
午前中なら他ゲストも少なく、きれいな陳列の中ゆっくり落ち着いて買うことができます。
お子さんが迷子になることなく好きなおもちゃを選べるでしょう。
買ったお土産はロッカーに入れておけばOK。

もしくは前述のアプリから購入することも可能なので、実物をみてからアプリで購入すればお家まで届けてくれるので荷物も少なくていいですね。
ディズニーホテルに宿泊しているのなら、ホテルまで無料で届けてくれますよ。

まとめ


以上、押さえておきたいこと12選でした。
折角ディズニーに出かけたのですから、お子さんだけでなく大人にだって楽しんでほしいもの。
そのために、前もって準備することが何より大切です。
これらのポイントをホームページから印刷したマップに書き込んだり、サイトをブックマークして出かけてみてください。
お子さんとの来園は大人だけとはまた違う楽しみ方があります。

是非、新しい楽しみ方を発見してみてください。なお、公式サイトには「mama style」という小さいお子さんを持つママ向けのサイトがあるので、こちらもチェックしてみてください。