生活

意外と知らない!? Windows10で知っておきたいショートカットキー5選!

意外と知らない!? Windows10で知っておきたいショートカットキー5選!

皆さん、PC使ってますか?
今やスマホで色々出来る時代になりましたから、「あんまりPC使ってないよー」っていう方もいるかもしれませんね。
とはいえ、なんだかんだPCじゃないとしんどいこともあると思います。
そこで、PCでの作業において強力な味方、「ショートカットキー」について、紹介したいと思います。
(ちなみにこの記事では、Windows10ならではのショートカットキーについておすすめ度合い(筆者の主観)に基づいて順位形式で紹介したいと思います!)

第5位:Windowsキー+tabキー
(機能:ウインドウの一覧を見れる)

デスクトップPCなんかで特に効果を発揮するショートカットキーです。
多くのウインドウを開いていると、マウスで目的のウインドウを探すのが面倒になりますよね。
そんな時、このショートカットキーを使えば、ウインドウを一覧化することができるのです。
一覧化することで一目で目的のウインドウを見つけることができるようになりますね。

第4位:Windowsキー+I(機能:「設定」を開く)

PCの調子が悪いとか、設定をいじりたいとか意外と使うことのある「設定」。
特にWindowsユーザーだとアップデートの確認とかでお世話になりますかね。
そんな時、いちいち「スタート」→「設定」をクリックするのは面倒です。
しかし、Win+Iを押すだけで「設定」を開けると、意外とストレスが減りますよ。

第3位:Windowsキー+E
(機能:「エクスプローラー」を開く)

かなり使う事の多いであろう、「エクスプローラー」
タスクバー(画面下の黒い帯のところ)にデフォルトで置いてあるので、わざわざショートカットキーなんかいらないのではと思う人もいるかもしれません。
しかし、複数のエクスプローラーを開きたいときに、かなり便利です。

というのも、マウスで複数の「エクスプローラー」を開こうとすると、アイコンにカーソルを合わせて右クリックをし、「エクスプローラー」という文字をクリックするという作業が必要です。
しかし、ショートカットキーを使えば、Windowsキーを押しながら「E」を2回押すだけで、「エクスプローラー」を2個開くことができるのです!
(※ちなみにですが、ショートカットキーは同時押ししないといけないと思っている人もいるかもしれません。しかし実際は、元となる方(上記だとWindowsキー)を押した状態で、もう一つのキーを押すことで問題なく使えます。)

第2位:Windowsキー+数字
(機能:タスクバーに置いてあるアプリを開く)

使用頻度の高いアプリをタスクバーに置いておく、というのはよく知られていると思います。
タスクバーに置いとくことで、アプリを探す手間が省け時短になりますよね。
(筆者も定期的に、タスクバーに置いとくアプリを厳選して、使用頻度の高いアプリを見やすいところに置いてます(笑))
そんなタスクバーですが、Windowsキーと数字を組み合わせることでアプリを開けるのはご存じでしたか?
実は左側から1,2,3・・・と対応しておりまして、Windowsキーと数字の「1」で一番左側のアプリを開くことができるのです!

これでさらに、PCを楽に使えるようになりますね!ちなみにですが、あまり多くのアプリを置いとくと5番目や6番目とかが分かりづらくなりますのでご注意を。
(5番目は絶対「ストア」を置くといったマイルールを決めとくのもありですね。)

第1位:Windowsキー+V
(クリップボードにコピーしたものをペーストする)

そして栄えある第1位は「Windowsキー+V」です!通常だと「Ctrl+C」からの「Ctrl+V」でコピー&ペーストするのですが、これだと、直前にコピーしたものしかペーストできません。
「何回か前にコピーしたものをもう1回ペーストしたい」と思うと、再度コピーし直す必要があります。

しかし、「Windowsキー+V」だと、任意のものをペーストすることができるのです!
この機能を使う際は、最初に「クリップボード」を有効にしとく必要があったり、「シャットダウン」や「再起動」すると「クリップボード」に保存されたものは失われるなどの注意点はあります。
とはいえ、「クリップボード」の有効化は、初めて「Windowsキー+V」を押すときに有効にするかどうかの画面がでてきます。
また、「シャットダウン」などをしても残しときたいものは、「ピン止め」できるので正直問題はゼロに等しいです。

まとめ


以上、「Windowsキー」との組み合わせで、ぜひ知っておきたいショートカットキーについて紹介しました。
上記で紹介したもの以外にもまだまだショートカットキーはありますので、ぜひ探してみてください。
ショートカットキーでさらにPC作業が楽になりますように!