生活

普段何気なく使っている言葉の由来5選

普段何気なく使っている言葉の由来5選

私たちが普段気なく使っている日本語ですが、その意味や理由を考えながら話したり聞いたりすることはあまりないのではないでしょうか?
ですが、この何気なく使っている言葉の中にはさまざまな意味や由来があります。
そこで今回は、普段何気なく使っている言葉の由来をご紹介していきたいと思います。
由来を知ることで、言葉の重みや深みを感じることができるのではないでしょうか。
さっそく見ていきたいと思います。

【いってきます】


出かけるときに必ずと言っていいほど言うのが「行ってきます。」ですよね。
実は、「行ってきます」と言うのは「帰ってきます」の二つが合わさって出来た言葉なんです。
昔は旅をしたり戦に行くのも命がけでした。それくらい「行ってきます」という言葉には重みがあり、それと同時に「必ず帰ってきます」という言葉もまた、「必ず帰ってくると誓う」という意味が込められているのです。

そのため、戦時中の特攻隊員は「行ってきます」とは言いません。
特攻隊員が無事に帰ってくるということはないからです。
なので、出撃するときは「行きます」と言います。そしてこれもまた、国を守るために命を懸けるという”誓い”なのです。
私たちは普段何気なく使っていますが、「行ってきます」と誰かに言えること自体が、とても幸せなことだと感じさせられますね。
ちなみに、【いってらっしゃい】は「行ってきなさい」と「無事に帰っていらっしゃい」が一つになった言葉です。どちらも言葉の重みを感じますね。

【ありがとう】


ありがとうは人に感謝を伝えるときに使いますよね。
この、「ありがとう」の言葉は「有り難し」という意味から始まっているんです。
この有り難しというのは「有ることが難しい」という意味で、「珍しい・貴重なこと」などがわかりやすいですね。
また仏教が由来とも言われていて、人間が誕生したことや自分がこの世に生まれたことが「当たり前ではなく、難しいこと。有り難いこと」ということから、感謝の言葉として使われるようになったとも言われています。
「ありがとう」の本来の意味を知ることで、より心のこもった感謝を伝えることができそうですね。

【しょぼい】


あまり言われて嬉しくない言葉ですよね。
「しょぼい」というのは、何となく想像していたものより大したことがなかったという時に使います。
パッとしないとか、冴えないなどの意味がありますが、この言葉は江戸時代の雨が語源となっているようです。
というのも、江戸時代では小雨が降り続く様子を『雨がしょぼしょぼ降っている』と表現していたことが始まりのようです。
小雨が降り続く様子はどこか弱々しく、陰気なイメージがありますよね。
そこから「しょぼい」に変化したのではないかと言われています。
何となく若い人が使っているイメージがありますが、江戸時代から使われていたなんて驚きです。

【ダサい】


これも比較的若い世代の方が使っているイメージの言葉ですよね。
「格好悪い・垢抜けない・野暮ったい」などの意味があります。
諸説はありますが、関西では「どんくさい」という言葉が変化したという説や、田舎を「だしゃ」と読み「田舎臭い」が「だしゃくさい」となり、「ダサい」に変化したとも言われています。いずれにせよ言われたくはない言葉ですよね。

【心配】


気がかりや、不安など気にかかる時に使う言葉が「心配」ですよね。実は心配という言葉は江戸時代から使われていたのですが、江戸時代では「心配り(こころくばり)」と言っていたそうです。
「心配」というよりも「心配り」と言った方が何だか温もりを感じませんか?
相手のために心を配るってなんだか素敵だなと感じます。

【イライラ】


怒っているときや、物事がうまく進まないときに使うのが「イライラする」という言葉ですよね。
このイライラの由来は「イラクサ(刺草)」というトゲのある草から由来していると言われています。
イラクサには葉っぱや茎にもトゲがたくさんついていて、このトゲのことを”イラ”と言います。
昔の人は、怒っている人をこのイラクサのトゲに見立てて「イラ立つ」と言うようになり、それが変化していき「イライラ」になったとされています。
つまり、イライラしている=とげとげしいと言うことになりますね。
確かに、イライラしているときはトゲがある言い方になってしまったり、表情もとげとげしくなります。
そう考えるとイラクサに例えるところにセンスを感じますね!
昔の人だからこそ、思いついた言葉なのかもしれません。

まとめ


普段はあまり何も考えず、ただ話したり聞いたりしていますが、その言葉一つ一つにしっかりとした意味や由来があります。
中には江戸時代から現代まで使われているような言葉もあり、意味を知れば奥深さや重みを感じることもあるのではないでしょうか。
意味や由来、歴史を知ることで、言葉を大切に慎重に使うことにもつながるのではないかと思います。
SNSが普及している現代だからこそ、会話や言葉を改めて大切にしていきたいですね。

 

他にもたくさん雑学系の記事がありますので、よかったら見てみてくださいね!

あわせて読みたい
【雑学】なんで!?身の回りの不思議な現象の謎とその理由3選なんで!?身の回りの不思議な現象の謎とその理由3選 こんにちは、しんたろーです! あなたは普段の生活でどれくらい...
あわせて読みたい
【雑学】ソーセージとウインナーはどう違うの???ソーセージとウインナーはどう違うの??? こんにちは、しんたろーです! ワタクシ、実は小さいころからウインナーがメッチャ...
あわせて読みたい
【雑学】へぇ~!と思わず言ってしまう豆知識4選! へぇ~!と思わず言ってしまう豆知識 世の中には知らなくてもいいことや、驚くような豆知識までたくさんあります。 そこで今回は知ってい...