雑学

あまり知られていない不思議な症候群

あまり知られていない不思議な症候群

世界には私たちが知らない〇〇症候群が数多く存在します。
症候群は実は病気ではなく、はっきりとした原因がわからないけど同じ症状の人が多く存在する症状のことなんです。
そこで、今回はあまり知られていない不思議な症候群についてご紹介していきたいと思います。

■不思議の国のアリス症候群


名前だけ聞くとなんだか可愛く感じるのですが、実際に体験してみるととても怖いんです。
私はこの不思議の国のアリス症候群なのですが、その名の通り自分の周りにあるものがとても大きく見えるんです。
不思議の国のアリスと言えば、薬を飲むと自分が小さくなりますよね。
それと同じような現象が起こるんです。
おもに、風邪をひいて高熱が出た時に多く、目を開けると目の前のタンスや机との距離感も掴めません。
とても長く感じたり目の前のぬいぐるみがとても大きく見えるんです。
心配して見に来てくれたお母さんの顔も巨大に見えて、とにかく怖くて仕方がなかったです。
この症状は子供に多く、私は中学1年生まで見ていました。

■サヴァン症候群


知的障害や発達障害がある人の中でも珍しい一部の人だけが持った能力のことです。
一度は聞いたことがあると言う人もいるのではないでしょうか?
ではサヴァン症候群の特殊能力の一部を見ていきましょう。

・書籍や電話帳、円周率を暗唱できる
一度しか本を読んでいないのに本を丸暗記したり、円周率をずっと言い続けることができます。
また、10年後の〇月〇日は何曜日?と聞くとすぐに答えてくれます。

・写真を見ただけで絵が描ける
写真や風景を見ただけでその細部にわたるまで再現することができます。
映像の記憶能力が優れているので、一度見れば細かく描くことができるようです。

サヴァン症候群の人は、円周率は数えられるのに簡単な計算ができなかったり、人とのコミュニケーションをとれないというケースが多いです。

■ミュンヒハウゼン症候群


精神疾患の一種です。
周囲の関心や同情を引くために自傷行為を行ったり、病気を装ったりします。
例えば、重篤な病気を装うために検査を偽装工作したり入院や退院を繰り返します。
そして、懸命に病と闘っている姿を周囲にアピールすることで満足感を得るという心の病気です。
これを母親が子供を病気に見立てたり、自分以外の人に対して行うことを代理ミュンヒハウゼン症候群と言います。
この場合は、懸命に病気の家族を支えている自分をアピールするために行っていることが多いです。
そのため、健康の子供を病院に連れて行ったり、入院中に見せかけるため家にずっと閉じ込めたり、子供にも『あなたは病気なのよ』と小さいころから言い聞かせていたという事件もありました。
この症候群は精神疾患のひとつなので、周囲の人が気づいてあげることがとても重要になってきます。

■空の巣症候群


子供が家を出たり結婚することで自立することで、女性が憂鬱になったり不安定になったりすることを言います。
子供が巣立ってから多く発症すると言われているのでこの名前がついたそうです。
また、夫婦生活がうまくいっていなかったり、子育て以外に趣味や生きがいが持てず、苦しみを感じてしまうケースが多いです。
これに似ている症候群が、燃え尽き症候群や五月病です。

■サザエさん症候群


これはほとんどの方が当てはまるとても身近な症候群ではないでしょうか。
サザエさんは日曜日の夜に始まりますよね。
サザエさんを見ることで『明日からまた仕事・学校に行かないといけない』という現実に直面して憂鬱になったり、体調不良を起こしたりすることです。
確かに、サザエさんを見るともうこんな時間か~と思ったり、楽しい休日が終わったなと感じますよね。
休みの日は楽しくて忘れていた仕事のことも思い出して、行きたくない気持ちによくなりました。
多くの人が同じ気持ちなのかもしれませんが、倦怠感や体調不良が現れるほどの方は、サザエさん症候群の可能性がありますよ。

■青い鳥症候群


童話にもある『青い鳥』からきています。
この物語は主人公のチルチルとミチルが幸せの象徴と言われている青い鳥を探しにいきますが、青い鳥は意外と身近にいるということに気が付くお話です。
これにちなんで、『今よりももっといい人が現れるかもしれない』とか『今よりもいい仕事が見つかるかもしれない』など、現実を見ずに根拠もなく青い鳥を探し続けている人たちのことを言います。
なんとなく身近に感じますよね。
今よりもっといいことがあるかもしれない!と誰しも一度は思ったことがあると思いますが、その中でもしっかりと現実を見ていくことが大切ですね。
考えさせらる症候群だと言えますね。

まとめ


いろいろな種類の不思議な症候群をご紹介してきましたが、当てはまるものはあったでしょうか?
病気ではないため、原因がわからないものもあれば、治療法の無い症候群もたくさんあります。
まだまだ不思議な症候群はたくさんあるので気になる方は調べてみてくださいね。