生活

【雑学】へぇ~!と思わず言ってしまう豆知識4選!

 へぇ~!と思わず言ってしまう豆知識

世の中には知らなくてもいいことや、驚くような豆知識までたくさんあります。
そこで今回は知っていて損はない、へぇ~というような豆知識をご紹介していきたいと思います。

■運転中に聞いてはいけない音楽

題名からして怖いのですが、実際に運転中に聴かない方がいいと言われている音楽があります。
それは『ワルキューレの騎行』というワーグナーのオペラです。
この曲を運転中に聴くと交通事故を起こす可能性が2倍高くなると言われています。
その理由は、音楽のテンポにあるようです。このテンポを示すBPMという数値が60以上の曲を聴くと、血圧と心拍数の上昇が見られます。
そのため、脳が興奮状態となり信号無視をしたり、事故率が高まると言われているんです。ドライブなど、運転中に音楽をかけている人は気を付けたほうがよさそうですね。
この音楽を聴いてみたい方は、運転中じゃない時に聴くことをオススメします。

■金曜カレー

海上自衛隊では、毎週金曜日のお昼ご飯はカレーと決まっています。
その理由は、航海中の艦内だと曜日感覚が失われてしまいますよね。
そのため、曜日感覚を失わないために毎週カレーが出されているんです。
また、洗い物が少なく済むので、負担を減らすためという理由もあるようです。
そんな自衛隊でのカレーですが、家庭のカレーとは比べ物にならないくらい、おいしいらしいんです。
仕事とはいえ、ずっと艦内にいるとプライベートもなくストレスが溜まりますよね。
そこで、全般的に食事はかなりおいしく作られているそうです。
特にカレーは基地や艦ごとにそれぞれの特徴やアレンジが加えられているレシピまであり、有名な洋食店も顔負けの味だそうです。
ネットで調べてみると自衛隊カレーというレシピなどがあるので、カレーを作る際はぜひ試してみてください。

■マジ・ビビるは江戸時代から使われていた

『マジ~ビビる~』などは現代の若い人たちが使う言葉としてなじんでいますが、実は江戸時代から使われていた言葉なんです。

【マジ】
江戸時代に芸人の楽屋言葉として使われていました。
この楽屋言葉というのは、業界用語という意味です。
マジの語源としては、『真面目』『本気』からきています。
その証拠に、1810年ごろの歌舞伎に【ほんに男猫も抱いて見ぬ、まじな心を知りながら】というセリフが残されています。

【ビビる】
これに関してはなんと平安時代まで遡ります。
平安時代、戦で鎧が当たったり触れたりしたときに『ビンビン』という音が鳴ったそうです。
そこから、戦で大軍が動いたときの鎧の触れ合う音を『ビビる音』と呼んだことが起源とされています。
普段から何気なく使っている言葉でも深く知れば江戸時代や平安時代から使われていたなんて、なんだか不思議な感じがしますね。

■パイロットと副操縦士の食事は別

国際線などの長距離のフライトの場合、機内で食事をしなければなりませんよね。
その食事の際は、パイロットと副操縦士の食事メニューは違うものを食べなければいけません。
その理由として、同じ食事を食べて万が一二人とも体調を崩したり食中毒になってしまうと操縦する人がおらず大変なことになってしまいます。
そのため、機内だけでなく基本的に別々の食事を食べる決まりになっているんです。
その他にも、片方のパイロットが席を離れる場合は残った方が酸素マスクを着用し、急な気圧の変化で意識を失ってしまわないように工夫がされています。
私たちが何気なく乗っている飛行機の裏側では、乗客を守るためにさまざまなことが想定され、リスク管理が行われているのですね。
だからこそ、乗り物の中で飛行機が安全と言われているのかもしれません。

■タイの首都バンコクの正式名所はとても長い

バンコクというのは主に外国人が読んでいる呼び方で、タイの人は『クルンテープ・マハーナコーン』と言うそうです。これも略式なんですよ。
『バンコク』の正式名称は、
クルンテープ・マハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロック・ポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシットです!
とてもじゃないけど覚えられません。
私の友達にタイの子がいるのですが、本名がとても長いので普段はニックネームを使用しています。
一度聞いたことがありますが、やはり覚えられませんでした。

◎おまけ

おまけ

・フグの毒はどんなに加熱しても消えない

・寝ているときにビクッとなる現象の名前は『ジャーキング』

・宝くじに当選するより隕石が自分に落ちてくる確率の方が高い

・パフェの語源はパーフェクト

・きゅうりは世界で一番栄養のない野菜としてギネスに登録されている

まとめ


さまざまな豆知識についてご紹介してきましたが、珍しい豆知識を知ると誰かに話したくなりますよね。
まだまだたくさん面白い豆知識があるので、気になる方はぜひ調べてみてください。